2015/4/27 両面仕様のフェンスがあるんですよ。

GWは半分は草むしり、残り半分は子供のアルバムの整理かな?

こんばんは、今年の目標は『整理整頓』、
久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

仕事でも、家庭でも整理整頓を目指しています。

先週、フェンスに裏表があることをお話しましたが、
すべてのフェンスがそういうわけではなく、裏表がないものもちゃんとあります。


4.27majikiri01


上のイメージ図のように、ガーデンの憩いの空間には、金属の冷たい印象のアルミカラーではなく、
あたたかいウッドカラーのフェンスが似合います。

従来のこのウッドカラーの樹脂フェンスは、柱に板を取り付けていくので、
柱が見えてくる裏面と、柱がほとんど見えてこない表面ができてしまっていました。

しかし、こちらのアイテムは、
柱に溝をあらかじめ作っておき、その溝に板をはめこむことで、裏表のない樹脂フェンスとなりました。

4.27majikiri021

室内からも見た目を大事にしたい、
でも、外(道路)からも見える。

両面からの見た目を気にする場合に最適なアイテムです。


本日着工させていただきました、久留米市のI様邸でもこちらの
Eウッドスタイル、間仕切りタイプを使っています。

工事が進んできましたら、ご紹介させていただきます。
お楽しみに!!!

両面仕様のEウッドスタイル、間仕切りタイプ。
金額はそれなりにしますが、裏からでも表からでも両方から見せることのできる
すぐれもの。
金額をかけるだけの価値はあると思います。

どんなアイテムなのか、気になる方は、e-garden(いーがーでん)スタッフまで
お気軽にお問い合わせください。