多様化しているエクステリア、ガーデンスタイル

こんにちは!e-gardenです。

4月になり、各メーカーさんの2018年の新しいカタログが出て、私たちのお店のほうにも届いています。

先輩たちが言うことには、「年々、カタログがブ厚くなるなあ。」

確かに、私がこの業界に入った数年の間にも、カタログが厚くなっていっています。

(この厚くなったカタログを数冊お客様のもとに持っていくといつもビックリされますね。(笑)




カタログがぶ厚くなって、商品が増えているのですが、
私が思うに、これはエクステリア業界、ガーデン業界の多様化が進んでいることではないのか???




ここに、2008年の東洋工業さんの冊子があります。


09909595497262fc7a679850296f9a62

15ea6b245849889b056bac3affb0b617


10年前、エクステリアのデザインは、大きく分けて4つ、

シンプル、ナチュラル、和風、南欧風


に分かれていました。



77ce8e11e31c35462d0f9bd3aa2dea7d


それが、2016年のonly one(オンリーワン)のカタログでは、



8b045c0d9300ed51bd3703913eb7d206

e47e2a45409f792934eed5f262c4d1a4


理想を叶える『12のスタイル』 と、

12種のデザインスタイルに分かれています。

2016年のスタイル03




カジュアル・ナチュラル

アーバン・モダン

シンプルモダン

アンティーク

シャビーシック

ヨーロピアン

ジャパニーズモダン

リゾート

ウッディ

ショップ・カフェ

エレガント

北欧




あー、書くだけで疲れる・・・。


とまあ、

アーバン・モダンシンプルモダン

アンティークシャビーシック


のように、違いを聞かれても、上手に答えられないものばかりですが、
この業界はどんどん細分化されているような気がします。


こう細分化されると、プランナーの得意、不得意分野も出てくるでしょうし、
お店によって、このスタイルはできますが、このスタイルはちょっとぉ というのも出てくるような気がします。


2008年から2016年の8年で、これだけ変わるのだから、
10年後、20年後はどうなっていることやら。



お菓子が和菓子、洋菓子、駄菓子、etc...  と分かれるように、



エクステリアのお店も、

モダンエクステリアのお店、

ナチュラルエクステリアのお店

と細分化される日がくるのかもしれませんねぇ…