オリーブの木にも色々ありまして。。。


こんにちは!イーガーデンスタッフのヒグチです☆

先週から空梅雨が続いてましたが、今週から本格的に天気がグズりそうですね。。。

外で仕事をされている職人さんにとっては悩みの時期ですよね(;´Д`)



*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  



さて、今日2年前に施工したお客様からオリーブの木についてお問合わせいただきました。

『新築の時に植えたものと別の品種のオリーブの木を植えたいので、

新築のときの品種を教えてほしい』

とのことでした。

早速、いつも仕入れでお世話になっている業者さんに問い合わせたところ・・・

『ハッキリとした品種は不明です・・・
 ただ、よく出回っているイタリア系のものではないでしょうか。』

とのご回答でした。

ハッキリとわからないのは、仕入れ時期でもお店によって色々あるからなのだそうで。。

オリーブの木は、各国色んな種類があり、

主によく流通されているのがイタリア系とスペイン系のオリーブの木です。

せっかくなので、イタリア系のオリーブの木から一部ご紹介します(*´∀`*)



6230d8a7c44e8806f4a7d3dd296d05a9
イタリア系のオリーブの木 ~その①~
『シプレッシーノ』

シチリア島原産で丸みのある楕円形の実が成ります。
葉の色は銀葉系(白っぽい)。葉の裏は白。
葉の形はシューッとしてて、なかなかの美形さんです。


オリーブの木って、結構色んな品種があるんですよ。

パっと見たところはあまり変わりないように見えますが、

微妙な違いがあるんですね。

他には・・・




40a1e53bcf7895aec8da7b2cccad99e1
イタリア系のオリーブの木 ~その②~
『ルッカ』

ルッカはシプレッシーノより丸みのある形の葉をつけるオリーブの木です。
枝も葉もたくさん付きやすくて、条件が良いと
こんもりした賑やかな木になるので、剪定して樹形を整えるのを忘れずに。
実は小さめでたくさんつきます。

dcc262ba46358fee1ba4b40170150f43
イタリア系のオリーブの木 ~その③~
『レッチーノ』

とってもポピュラーなオリーブの木の一つです。
暑さにも寒さにも、病害虫にも強い丈夫。
葉は小さめですが、良い実がつきます。


続いて、スペイン系のオリーブの木をご紹介します。
74b69c7000c79acdb646e204434d9967
スペイン系のオリーブの木 ~その①~
『ネバディロブロンコ』

なかなかユニークな名前ですよね^^
鮮やかな緑ではない渋い葉色です。
よく成長する種類なので、樹形を整えるために剪定が必要。
夏には実がつくタイプのオリーブの木です。
インテリアにも映えそうですね♪
3d402b3c0e5eb04b808c764df88ff283
スペイン系のオリーブの木 ~その②~
『マンザニロ』

「小さいリンゴの木」という意味。
このオリーブの実の形がリンゴに似ているので、この名前が付いたそうですよ。
実がつく時期が早く、夏には結実します。
葉の形は小さめで色は銀葉系。
枝は密集しやすい種類のオリーブの木です。
ピクルスにすると美味しい^^♪

皆さまいかがでしたでしょうか^^

ここでご紹介したオリーブの木は一般的によく流通されている品種です。

お近くのガーデンショップでのご購入も可能だと思います。

他にもたくさん品種のあるオリーブの木。

お庭のアクセントにいかがでしょうか??