お庭なおしゃべりブログ

寒いけど・・・清々しい?!

2017年12月15日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
DSC_0969
こんにちは、e₋gardenの今泉です!!
朝晩は冷え込みますが、昼間外を歩いていると
空が澄み切ってなんとも言えない感動?を感じました。。

寒い日は外に出たくありませんが、、
澄み切った空を見たら寒さも感じず庭作業には最高かもしれません。
DSC_0976
5年前より剪定作業をさせて頂いている
久留米市T様邸。




shabby-blue1
上品でやさしい雰囲気の奥様ですが、
来年あたりディーズガーデンさんの
おしゃれ収納庫『カンナ』
検討してみようかな~
とおっしゃって下さいました。

値段はイナバさんに比べると高いですが、
見るだけで楽しめる収納庫って
そうそうないと思いませんか?

来年はもっともっと
『カンナ』の価値を伝えることをして
行きたいなぁ~と思います。

伊万里市H様邸 ライティング編

2017年12月14日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんにちは、e-gardenスタッフの今泉です!

伊万里市H様邸ガーデンルーム工事は終わってますが、
夜のライテインングを撮りに行きました!

リフォーム工事ということで、どこから配線を持ってくるか
タイマー管理がいいのか、人が通る時に光る人感センサーがいいのか、
それとも、暗くなったら自動で点く熱線タイプがいいのか、、、
ライティングは奥が深いし、
それなりに金額もかかります。。



でも…



それ以上のわくわくというか感動が得られる!
という事も改めて実感しました!

伊万里のH様には感謝でいっぱいです。。
また、ちょこちょこお写真撮りに行こうと思いますので
宜しくお願い致します(^^♪
before
DSC_0856
horizontal
after
IMG_3580
before
DSC_0851
horizontal
after
IMG_3596
DSC_0962
DSC_0964
DSC_0968

照明に関して

2017年12月13日|カテゴリー「スタッフのこだわり
よくご相談を受ける内容に、夜間の照明があります。

玄関のステップがみえにくいから照明がないとこけそうで不安。

夜遅く帰ったらみえにくくて怖い。

等々。

新築外構時であれば、照明のご提案等もあわせて行いますのでいいのですが、リフォームにおてい増設となると、いろいろな問題が発生してきます。

建物から外部に電気の取り出し口がない。または、照明をつけたい場所から遠いところにあり、配線工事が高額なる。

そうした場合に有効になるのがソーラー蓄電池型の照明です。

まず配線工事が不要ですので設置場所を選ばないというメリットがあります。

ただ、ものによっては光量不足や、すぐ壊れたりといったデメリットもあります。

弊社ではソーラーライトも取り扱っておりますので、外部照明にお困りの方は是非一度ご相談ください。

松尾

モミの木のシンボルツリー

2017年12月13日|カテゴリー「スタッフイチ押しのアイテム

こんにちは!イーガーデンスタッフのヒグチです☆

Xmasまであと10日程となりましたね

街中のイルミネーションも華やかで、キラキラした雰囲気に癒やされます(*´∀`*)

近々行きたいと思っているのが佐賀県鳥栖市にあるイルミネーションスポット、

鳥栖市の中央公園を彩る『ハートライトフェスタ』です。

すべて市民の方による手作りのイルミネーションなんです

JR鳥栖駅からも徒歩で5分ほど。渋滞が予想されるので、娘達と電車で行こうと思います(*´∀`*)



*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:* 



さて、クリスマスといえばモミの木ですよね

近年はご自宅のシンボルツリーにしたいという方も増えています。

本物のモミの木でクリスマスツリーをしたいという理由がそのひとつ。

イーガーデンにもお問合わせいただくことがあります。

そのモミの木ですが、元々は北欧やロシアなど比較的寒い地方で自生している木で、

長い年月をかけて50~60mほどまで成長する植物です。

実際には暖かい地方であっても植樹すれば成長する臨機応変な成長力の強い木と言えます




12.13mominoki

しかし、モミの木を地植えしてしまうと1.5m程度の木を植えた場合においても、

成長力が強いためグングンと成長してしまい、

地域にもよりますが5年ほどで5m程度まで成長します!

モミの木をゆっくりと成長させるためには日々の管理が欠かせない木とも言えますね。

そこで、お勧めなのは、『鉢植え』から育てることです。

小さなモミの木から鉢の中で育てていれば、一気に成長することはありません。

もし、1m程度のモミの木を鉢に植えた場合であっても、

大きいプラスチック鉢で育てることができます。

鉢ごと庭に埋めてしまえば根が鉢を超えることができませんので、

成長を抑えることもできます。

鉢植えをオススメする理由の1つに、

地植えをして育ちすぎてしまった木の管理が大変な作業であることです。

しかし、鉢ごとそのまま庭に植えることで地上部は根が支えられる大きさで成長が抑制されます。

管理がしやすいように成長させることがもっとも大事ということですね。

モミの木を植えてみたい方は、

まずは、鉢植えからスタートされてみてはいかがでしょうか^^♪



ほっこり( *´艸`)

2017年12月13日|カテゴリー「スタッフのプライベートな一日
ホントにお寒ぅ~ございますな。

もうね、冬が嫌いな私にとっては 入浴前の脱衣所と朝の着替えは地獄です。

できれば一歩も外に出たくないし、動きたくないです(*´Д`)


そんなぐぅたらな私から生まれた末っ子。

最近、字を書くことにハマりまして(娘の通う保育園は積極的に字を書くことを教えません)お姉ちゃんに習いながら、

そんなにお世話してない私に、こんなありがたいメッセージを書いててくれました。(ノД`)・゜・。










18e01ed69ca26a9952ebe9062ccf3e4a





パパママ いつもおせわをしてくわて ありが 




惜しいっ!! 















気持ちがうれしいね
大塚

pagetop