お庭なおしゃべりブログ

人工芝の欠点 熱に弱い

2020年8月7日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

昨日、柳川市のI様邸をご紹介しました。

シンプルな内容の工事ですが、何のトラブルもなかったかと言うとそうでもなく、

恥をしのんでご紹介します。





人工芝が溶けた ちぢれた
柳川のI様邸では、お庭の片隅に物置を設置し、そのまわりにも人工芝を敷きました。


ここまでは問題なさそうですが、よくよく見てみると、




人工芝が・・・・・





縮れてる・・・・・・・。





拡大↓↓↓



人工芝が縮れる
写真でわかりますか?

芝の葉が黄色く、キュルッと丸まっているのがわかりますか?


これ熱でやられてしまっているんですよ。


メーカーさんに確認してみましたが、事例としてもあるそうです。

カタログにもう書いてありました。




人工芝の欠点 熱に弱い
---施工上の注意---
●直射日光とガラス窓の反射光が重なる場所では、パイル(芝葉)が溶解・収縮を起こす可能性がありますので、
 施工を避けてください。



確かに書いてある。


気づかなかったなあ。


I様邸では、ガラス窓ではなく、物置の壁面パネルでしたが、
直射日光と反射光が重なる部分が縮れてしまいました。



これもまあ勉強です。


ネットで調べてみると、
人工芝は熱に弱いので、花火やバーベキューはしないで。と書いてあるブログ記事はたくさん見つかるのですが、

ガラス窓の反射熱で溶ける、縮れる と書いてあるものがない。


そこまで情報が一般的になってないのでしょうね。
けれど、カタログにも書いてあるし、反射熱で縮れることはまぎれもない事実。

しっかりと覚えておかないといけません。



柳川のI様には、事情を説明し、手直し工事をさせていただくことをお約束しました。


スムーズにいく工事ばかりではないですね。

I様には申し訳ないのですが、
今回は本当に勉強させていただきました。

人工芝を検討されている方、貼る範囲に反射光があたらないか、
今一度、確認することをおすすめします。


タイルテラスと人工芝 柳川市I様邸のご紹介

2020年8月6日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

ブログでのご紹介ができていなかった柳川市のI様邸の紹介です。



メイン工事は、リビング前の タイルテラス+人工芝 という内容でした。


木目調のタイルテラス
タイルはタカショーさんのセラ ウッディー 色は、パインナチュラル

タイルテラスに木目のタイルを使うお客様多くなってきました。

ウッドデッキとタイルテラスを比べると、圧倒的にタイルテラスがメンテナンスが楽なので、
タイルテラスだけれども、「木の柔らかい雰囲気がほしい」という方にはいいんでしょうね。




人工芝 リアリーターフ ヨーロピアンロング
人工芝は、エクシスランドのリアリーターフ、ヨーロピアンロングを採用しました。

芝の葉が長く、葉の長さ、色が異なるものが混ざっていて、より本物のようにできています。




人工芝リアリーターフ
南側のお庭部分は、人工芝を貼りました。

この写真だと、人工芝の継ぎ目が見えますね。

みなさん、わかるでしょうか。

人工芝は継ぎ目が弱点です。見た目、雑草、めくれ、等々。

できるだけ継ぎ目が少なくなるように施工したいところですが、
人工芝の規格で、幅が1m もしくは、2m と決まっているため、どうしても継ぎ目ができてしまいます。


継ぎ目ができてしまうのですが、この継ぎ目をできるだけ目立たないように施工するのが、プロ技術。



といっても簡単ではありません。




柳川市のI様、このたびは、当社をご利用いただき、ありがとうございました。

雨のため、工期が長引いてしまったこと、大変申し訳なく思っております。

しかし、こうして工事を完了し、お引渡しできたこと、嬉しく思っております。
どうも、ありがとうございました。


施工コンテストに向けて、改めて写真撮影

2020年8月3日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

今日は、去年の暮れに工事をさせていただいた久留米市国分町のN様邸にいってきました。


施工コンテスト用の写真を撮るためです。

工事完了時が冬でしたので、緑の量も、光の量も足らない時期でしたので、改めて撮影させていただきました。


ナチュラルプリティエクステリア
N様邸は、美容室と個人邸を併設させた住宅兼店舗になります。

左手前が店舗の入り口、右奥が個人邸の玄関です。



ナチュラルプリティ
個人邸側の門周、表札とポストは、美濃クラフトさんのチャバ。


ご提案の段階では、建物の黄色の外壁に合わせて「イエロー」を選ばれるかと思いきや、

選ばれたのは、「オレンジ」  けど、それがよかったような気がします。

白、黄色、オレンジが楽しげな印象を与えてくれます。



ヘメロカリスの花
建物の基礎際には、ぐり石と多年草、地被植物を配置しました。

建物の印象をよくするテクニックを使っています。
今日は解説はしませんが、しっかりと効果が出ていてやさしい雰囲気になっています。

また、多年草の中には、黄色の花をつける「ヘメロカリス」を混ぜています。



お客様の話では、6月の雨の日にパーと鮮やかな花を咲かせてくれてたとのこと。
一日でしぼんでしまうけれど、次々に花を咲かせてくれるので、お店のお客様の評判もよかったそうです。

1年目でもそんなに花をつけるとは思ってなかったので、ちょっと驚きでした。
けど、喜んでいただけてよかったです。



夜のライティングの写真も撮りにいきました。


ナチュラルプリティ-ライティング
昼とはまた違った印象ですよね。


外構でいれた照明は植木のところの1つなのですが、
建築の照明との相乗効果でいい写真が撮れました。

日差しが熱い…

2020年8月1日|カテゴリー「ブログ

こんにちは。
久留米市のお庭屋さん「e-garden」のコレナガです☺

梅雨が明け、一気に日差しが強くなりましたね…。
もうこの暑さで肌が焼けてしまいそうです。
私は紫外線で肌が赤くなるタイプではなく、
紫外線を吸収して肌が黒くなるタイプなので
毎年夏は肌が黒くなってしまうのが悩みです…。


さて、私の肌悩みはどうでもいいとして
この暑さの対策として、朝に打ち水をしてみませんか?

打ち水とは、道や庭先などに水をまくこと!です。

打ち水をすることによる効果は
・土埃や埃を抑える効果がある
・気化熱を利用し涼気をとる(水1gの蒸発につき約0.58kcalの熱が奪われる)
・湿度が高くなった結果、体感温度を上げる効果が出る
・蒸発によって対流が発生し、湿った風が発生する
(ウィキペディア参考)

特に都心のほうではヒートアイランド現象の対策としても2008年から行われているそうです。
今日は弊社の事務所前にも打ち水をしてみました!
IMG_5748-e1596258950236

打ち水してみた結果、やはり体感温度はすこし下がった気がします☺
ただ、この暑さですぐアスファルトが乾いちゃいました…。

打ち水をするとしたら、朝・夕方がおすすめです。

ぜひ皆さんをご自宅でちょっとだけ涼を感じてみてはいかがでしょうか☺?


今日は2件の駐車場リフォームのご依頼をいただきました。

2020年7月30日|カテゴリー「スタッフが日々考えていること
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

e-garden(いーがーでん)では、新築外構よりも、リフォーム工事のほうがわりとご依頼が多いです。

今日は2組のお客様から、新規でお問い合わせをいただきました。
そして、その2組とも駐車場のリフォーム工事。


1つは、カーポート設置に伴う、駐車場の拡張、コンクリート打設。

2つめは、既存のお庭をリフォームして、2台分の駐車場に変えるというもの。



両方とも現地確認が今からですので、詳細が不明でざっくりな内容です。




リフォームは、今あるものにあわせて作る必要があり、プランの難しさ、丁寧な現地確認が求められます。

言うほど簡単じゃないんですよね。


本日ご依頼いただきました、2組のお客様、お問い合わせいただきありがとうございます。



e-garden(いーがーでん)では、新築外構だけでなく、外構のリフォーム、お庭のリフォームも承っております。

こういう工事をしてもらえるのかな?というものございましたら、
遠慮なく、お問い合わせください。





当社で行った、駐車場拡張の施工事例はこちらよりご覧ください。



pagetop