エクステリア工事現場紹介

フレームのあるモダンエクステリア完成    ・・・・・もうすぐ。

2021年4月7日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

久留米市のO様邸の外構、エクステリア工事がもうすぐ終わります。

本当でしたら、3月31日までに終わらせる予定でしたが、
私の発注ミス、O様からの追加の要望、ちょっとした手直し、があり、
完成まで、もう少し時間がかかります。


それでも、ほぼほぼできあがったので、写真を撮っていると。
フレームのある外構
道すがら歩く人に声をかけられました。


コンプライアンスがあるので、余計なことを口ばしってしまわないよう、
言葉を選びながら、受け答え。


「角地だから、どんな外構になるのか楽しみだった。」
「あそこの石はお客さんが、こうしてくれと言ったのかね。」
「石にコケが映えるといい感じになるだろうね。」

と感想をいただきました。(見ず知らずの人から。)

自分のものではなくても、どういうものができるのか、通りすがりの人も気になるものなのですね。




フレームのあるex
前回の更新からあまり変わっていないように見えるかもしれませんが、

足元に石を積んでいます。



うちの工事に限らず、石を積む外構は最近よく目にします。

私はある「効果」を狙って配置しています。

その「効果」とは・・・・・、説明は別の機会に・・・。

(中村さん、話長すぎっ! と、突っ込まれそうなので。)

フレームのあるex
フレームつかいの外構もここ近年のはやりですねえ。

まだこの流行りは、続きそうです。

意味のないものではなく、ちゃんと「意図」や「効果」があるので、まだまだ続くと思います。


フレームのあるex
今回、私がイチバンにこだわったところです。

職人さんからは「めんどー」と言われますが、ここはデザインのためにがんばって。


目地となるエキスパンタイを建物や道路に対し、斜めに配すると角度や高さの計算がめんどーとのこと。

職人さんの気持ちもわからなくもないですが、
そこは「いいもの」を作るために協力をお願いします。
材料が届くのを考慮すると、完成は、4月の最後の週になります。

ここは私のミス。


しかし、最後まで喜んでいただけるよう残りの工事をしっかりと進めていきます。


久留米市のO様、もうしばらくお待ちください。


ガーデンパンの据え付け  をやってみた

2021年3月31日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

久留米市のO様邸の新築外構工事もいよいよ大詰め。


土間コンクリートの養生も今日で終わり、

今日は防草シート+砂利敷き   部分的にぐり石

そして、ぐり石の上にガーデンパンを据えました。(私が・・・。)



平たいぐり石
①まずは、防草シートを敷き、専用の固定ピンで止めます。

②そこに割と平たいぐり石を据えます。
ガタガタしないように、セットハンマーでたたきこみます。



排管を切ります。
③排管のパイプを短く切ります。
ぐり石の上、5cmくらいのところで。



モルタルを練る
④バケツにモルタルを練ります。

この写真で作った量では、全然足らずに、この5倍の量のモルタルを追加で練って使いました。


⑤練ったモルタルをぐり石のすきまに流し、ぐり石間が動かないように固定します。
(写真がありませんが・・・。)

⑥その後、ぐり石の上、排管のパイプのまわりにもモルタルをたっぷり載せます。
(写真がありませんが・・・・・・。)

⑦その上にガーデンパンを据えます。
(写真がありませんが・・・・・・・・・。)

⑧ガーデンパンの上に水平器を置き、斜めにならないよう、水平になるよう、調整します。
このときのモルタルの硬さが重要。やわらか過ぎても硬すぎても水平を維持しにくい。
モルタルの硬化するタイミングを見計らいます。






acf8f2b8922194fe317eb8317f837fd0-e1617202284644
⑨ガーデンパンが水平になったら、その水平を崩さないように、パンのまわりにもぐり石を据えていきます。

モルタルや下の防草シートが見えないようにできたら完成。



たったこれだけですが、やはり時間かかってしまった。
水平に据えて、固定するのが難しかったな。モルタルの硬さがね。


工事もほぼほぼ完成です。

残すところは、表札の取り付け、追加の化粧ブロックの積み足し、ブロックのクラックを隠すためのモルタル補修
といったとこでしょうか。



あ!あと前面道路の清掃です。



全て工事が完了しましたら、全体の写真をご紹介します。



久留米市のO様、もう少しお待ちください。



視覚的アプローチにチャレンジ

2021年3月30日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

今日は現在進行中の新築外構のご紹介。

こまめに紹介しておけばよかったのですが、
現在、「もうすぐ完成」状態。


途中の写真もあわせてご紹介します。


こちらの外構のプランで、私がこだわったところは、『視覚的アプローチ』


私の好き嫌いの話になるのですが、


駐車場とアプローチを明確に分けるプランが嫌い → 自然に空間が変わるプランが好き

駐車場はコンクリート。アプローチは石張り。といった素材で空間を分ける方法は、素人でもできる。
素材の力に頼らず、形(プラン)で空間を分ける(しかも緩やかに。)ことができるのが、プロの技術。



というのが、私のこだわり。

こちらの外構では、お客様にプランを気に入っていただき、それを形にすることができました。


before
視覚的アプローチAビフォー
駐車場のコンクリートのひび割れ防止のためにいれる「目地」

これをデザインに加えます。
horizontal
after
視覚的アプローチAアフター
門周までまっすぐ導くように見える
before
視覚的アプローチBビフォー
玄関へとカクンと90度折れる
horizontal
after
視覚的アプローチBアフター
視覚的アプローチCアフター
別アングルから。
目地の切り方にデザインを入れることで、
車を停める駐車場がアプローチの役割を果たしてくれるようにできます。


自己満足の世界かもしれませんが、私の勝手なこだわりです。


水の音が心地よい

2021年3月9日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

現在、みやま市にて、和風の「池」を造作中。





池全景
水が抜けるところがあり、まだ完成ではないのですが、石組みも含め雰囲気はいい感じです。





漏水試験のために、滝から水を流します。
滝の水音
滝から落ちる水しぶき、そして、しぶく水音。

見てて飽きないです。


1/fゆらぎ  っていうんですかね。


自然な不規則のリズム。

一定の規則正しいリズムとは反対のリズムというのは、なんとも心地いいです。



水を満タンに溜めるまでに約40分かかるのですが、その間ずっと見ていても飽きない。


以前、実家の母親が庭に降る雨をぼーっと眺めてる時間が好き と言っていましたが、

似たような感覚なのでしょう。




完成まであと少し。 たぶん。

完成したら、鯉を入れる予定とのこと。

楽しみです。



ガーデン工事の写真撮影

2021年2月23日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

昨年年末に工事をさせていただいた久留米市T様邸の完成写真撮影にいってきました。


ここ何日かは、2月?と思うほど晴れた日は暖かく、光の量が多いので、写真を撮るには実にいい感じです。



お庭の舗装デザイン
T様のご要望は、雑草対策を兼ねて、お庭をコンクリートで固めたい。
けれど、リビングから見える部分はおしゃれにしたい。

というものでした。



そこで、基本は土間コンクリートですが、アクセントにレンガや石材でデザインしてみました。


舗装デザイン 乱形石とレンガ
直線的なデザインの中に、色味でやさしさを出しました。


この形に至るまで、曲線的なデザインも作ってみたのですが、
最終的に、初回提案のこの形になりました。
(乱形石の広さが少し変わりはしましたが。)



実は、T様からは3回目の工事のご依頼でした。

1回目はタイルテラス。

2色使いのタイルテラス
2色使いのタイルテラスです。


ちょうどこの工事の前に、タイルの階段で「段差が分かりづらい」と相談を受けたことがありました。

そこでこちらでは、タイルの色を1段目と2段目で変えてみました。

2色とはいえ、近い色にしているので、派手過ぎず、いい感じになったと思っています。




その後、2回目の工事が、こちら、


d994beb2d8ea9b54825a786286e9ad4f
レンガと疑似枕木のベンチと花壇。



ただのレンガの花壇というのも、フツーすぎるので、
小さな角柱とベンチを組み合わせました。


ちょっとオシャレでしょ。




工事の全貌は、近日中に施工事例にてご紹介します。




久留米市のT様、このたびはありがとうございました。
手直しもあり、予定より工期が延びてしまいましたが、無事にお引渡しができてよかったです。


また何かありましたら、当社までご相談ください。

pagetop