エクステリア工事現場紹介

久留米市H様邸 完成しました。

2020年2月20日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

外構工事を進めていました、久留米市のH様邸が本日ようやく完了しました。


前の物件が押して、着工が遅れ、
1月後半の雨で工事が思うように進まず、
私の商品の誤発注で、照明取り付けがストップし、

いろいろあっての本日の完了でした。



今日行った作業は照明の取り付け、



マリンライト
門袖壁の前のマリンライト。

台座に据えないといけないのに、

スパイクタイプのものを間違って発注してしまいました。

スパイクタイプというのは、先がとがっていて、地面に突き刺すタイプのもの。
台座があるところへは取り付けができません。



カタログで見ると、地中に埋る部分のことは、小さくしか書かれていません。
そりゃ見落としちゃうよ。(← 言い訳)



マリンライトの取り付け
据えました。


電気屋さんが作業する横で、ジーーーーっと見ていました。


この仕事について10年以上になりますが、常に勉強です。
今日も電気屋さんに、いろいろ教えてもらいました。

「配線はこうしておいてもらうと助かる。」
「◯◯タイプより、□□タイプがいい。」
「〇〇メーカーがオプションが充実している。」
「こちらのほうがメンテが楽!!!」    などなど、

いやあ、勉強になります。



では、少しですが、H様邸をご紹介。


モダン外構H様邸
正面

オープン外構ですが、
門袖壁まわりを集中して造作し、セミクローズっぽくなりました。


モダン外構アプローチ
最近よく使うデザインパターン。

リズミカルに細かく目地を切ることで、門周に意識が向くように仕掛けたデザインです。

駐車スペースから、アプローチ、そして玄関へと、
パキッと空間が変わるのではなく、自然に変わっていくように、自然なつながりを持つように、工夫しています。





正面から見ると、


モダン外構アプローチ正面
コンクリート洗い出しの先には、表札、ポスト、インターホンがつく門袖壁があります。





壁を2枚使いし、その間を通って、玄関へと向かいます。

2.19modern-mizuma04
これにより、視線の変化、奥行き感の演出、期待感の演出 ができました。




完全に完了したのは今日ですが、
すでに、ご近所から「すてきな外構ですね。」と評判がいいそうです。



もう、その言葉だけで、プランナーにとっては名誉です。






まだ落葉樹が葉っぱをつけておらず、寂しい印象があるのですが、
新緑が出始めたら、改めて写真を撮りたいです。




久留米市のH様、このたびはありがとうございました。

プランもこだわらせていただき、植木も多めに植えさせてもらったこと、
とても感謝しております。ありがとうございました。


なにかありましたら、いつでもお声かけください。
今後ともe-garden(いーがーでん)をよろしくお願い致します。


久留米市のH様邸 進捗 というか、完成間近。

2020年2月14日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

現在、外構工事を進めている久留米市のH様邸。
ブログで細かく紹介していくつもりが、もう完成間近。です。

先週末に植栽を植えました。


植木仮植え
朝、立ち会って、植木職人のN氏に植木の位置や向きを細かく指示しました。

工事の中では、植木を植えるときが一番楽しいですね。

構造物ばかりの外構に、生命を吹き込むイメージ。

エクステリアがグレードアップする瞬間です。



実際の植え込み作業は、N氏にお願いし、私は現場を離れたところ・・・・。


壁を背景に植木を植える
あり?違うくない?



N氏が微調整してくれたとのこと。

「こっちのほうが自然でしょ。」

「あざーす。」


まだ落葉低木のヒュウガミズキが葉っぱをつけていないので、すこし寂しい印象ですが、

高い低いの強弱がついていて、より自然に見えます。


壁を背景に植木を植える
こちらの壁にも、トサミズキを中心に地被植物を植えています。

葉っぱがついていませんが・・・・。



壁を背景にすることで、植木の立ち姿が映えます。
壁の前に植木を植えることで、壁にうるおいが備わります。


(あーーー、ボキャブラリーに乏しい。涙涙涙。)


言いたいことは
win-winの関係  ということ。



ここまで植木を植えることにご了承いただいたH様に感謝です。





コンクリート養生
コンクリートが硬化するまでのあいだ養生。

あと、数日で完成です。

久留米市のH様、工事完了までもうしばらくお待ちください。


久留米市H様邸 進捗です。1回目の土間打ち終わり

2020年2月7日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

外構工事を進めている、久留米市のH様邸です。


1回目の土間打設が終了しました。


土間 目地切り
H様邸は、車が余裕を持って4台止められる広い駐車スペースになります。

なので、土間打ちの面積も広い広い。
2回に分けて打設します。

(コンクリート洗い出しの部分も含めると、3回に分けることになります。)

コンクリートの量が多いと、抑えるスピードが乾くスピードについていけなくなります。

今は冬だから乾くスピードが遅いので、ある程度、広い面積でもいっぺんにいけますが、
夏だとこうはいきません。








塗り壁も
門袖壁の上塗りもできていました。

2枚の壁がいい感じです。


2枚の壁を少し重ねて、正面から見たとき、アプローチの先、玄関近くが見えなくなるようにしています。

奥行き感を感じさせるテクニッックのひとつ。



門袖壁を2枚づかいできると、こういうことができます。


久留米市H様邸 進捗です。

2020年2月3日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

1月下旬の雨でなかなか工事が進んでいなかった、久留米市のH様邸。
先週、今週でだいぶ進みました。


この日は現場をあけてたのですが、確認に行ってきました。


久留米市H様邸 養生
カラーコーンでしっかり養生をしてくれていました。


目地幅を確認
最近、凝っている駐車場、アプローチの目地切りパターン。

こちらのH様邸でもこだわって作りました。

ちゃんと図面通りに、指示通りに、等間隔になっているか、確認。


等間隔、建物平行にきちんとなっていました。
ナイス、職人さん。


2枚の門袖壁
門袖壁は下地までできていました。


ぜいたくに2枚建て。

モルタルがしっかり乾いてから上塗り材を塗っていきます。
今週末まで待たないとダメかな。



レガンテストーン
アクセントに使った、東洋工業のレガンテストーン。

真っ黒な石材です。

ここまでしっかりとした「黒色」の石材は少ないです。

門袖壁が白系なので、このレガンテストーンの「黒色」を対比させるために持ってきました。




急ピッチで仕上げていきます。



建物に合わせた、シンプルかつ直線がきれいなエクステリアになります。

完成が楽しみです。

マーヴェレックス施工コンテスト 「審査員奨励賞」受賞

2020年1月23日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

月曜日のことになりますが、
マーヴェレックスさんの施工コンテストで審査員奨励賞をいただくことができました。

ありがたいことです。


審査員奨励賞受賞しました
マーヴェレックスさんは、「ウリン」というかたーーーい木を主に取り扱っている会社です。

このウリンをガーデンルームの腰壁に貼った、久留米市N様邸の工事が評価されました。



N様邸ココマ内部
ガーデンルームの腰壁にウリンを貼りました。
N様邸ココマ掘りごたつ
掘りごたつ

テーブルは取り外し可能です。
N様邸ココマ腰壁ウリン
大きさの異なるウリン材をほどよい長さにカット
ランダムに貼っていきました。


ランダムといっても、計算しています。

すきまができないように。

ちゃんと計算して手間ヒマかけて作りました。
(作ったのは職人さんですが・・・・。)


ウリン材は、本来でしたら、ウッドデッキに使うことが多いのですが、
今回は、腰壁の化粧仕上げ材として使いました。

N様邸ココマで昼食
N様のお子さんたち
N様邸ココマでピース
応募にご協力いただきました久留米市のN様、また、「応募しましょう」と声をかけていただいたエクシスのKさん、
また、マーヴェレックスの方々、ありがとうございました。

これを励みに、さらにがんばっていきます。

今後ともe-garden(いーがーでん)をよろしくお願い致します。



N様邸の施工事例はこちらより



pagetop