お庭なおしゃべりブログ

工事完了後のアンケート 『お客様の声』 を更新しました。

2017年7月29日|カテゴリー「スタッフのこだわり
当社、e-garden(いーがーでん)では、工事完了後に、お客様にアンケートをお願いしております。

自分たちの提案や、工事について、ご満足いただけたかどうか。ご迷惑をおかけしてはいなかったか。

そして、その声をもとに、自分たちのやり方を反省・改善していくために、アンケートをお願いしております。


ご理解をいただければ幸いでございます。

「え、アンケート書かないといけないの?」と思われたあなた、
そうたくさん、項目があるわけではございません。

4つの項目に応えてもらうだけです。

どんな項目なのか、気になる方はこちらをご覧ください。

お客様の声


最近いただいた、アンケートもアップしました。
こちらもご覧ください。


久留米市M様より、お客様の声をいただきました。


久留米市I様より、お客様の声をいただきました。





夏なのに、モミジが赤くなってきたら

2017年7月28日|カテゴリー「スタッフのこだわり
こんにちは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

毎日暑いです。本当に暑いです。

現場で働いてる職人さんが、ドコ人?というくらい黒くなってきています。
熱中症の注意報が連日出ています。
みなさん、どうぞお気をつけください。



人が暑いということは、生き物である植木たちも暑がっています。




モミジの紅葉?

植木の葉っぱがこうなってきたら、が足りていない証拠です。

紅葉ではなく、葉焼けの状態。


今年の夏というか、近年の夏は暑すぎるので、できれば毎日、水はあげてほしいです。
(私自身も毎日はできていませんが・・・・。)


葉焼け
特に、モミジはよくこうなりやすいですね。

モミジは、本来、山の木。
高木の下で、高木の葉っぱの影の中で育つ木です。

直射日光がガンガン当たるところは向いていない というのが実情です。

植えてある土を触ってみて、湿っていなければ水をたっぷりとあげてください。


夏なのに、葉っぱが赤くなってきた。
紅葉かなあ。
葉っぱが茶色になってきた。


と思ったら、水をたっぷりあげてください。


ちゃんと水をあげていると、植木も、
みずみずしい葉を茂らせてくれたり、見事な紅葉になってくれたり、


あなたの、その努力に応えてくれますよ。



植物に関するブログは以下でもご紹介させていただいております。
ご参考までにどうぞ!

土用丑の日

2017年7月26日|カテゴリー「スタッフのプライベートな一日
今年は二回ある模様です。

7/25と8/6だそうです。うなぎはかば焼き派ですか?白焼き派ですか?

私はどちらかというと、両方派です。

しかし、焼肉、うなぎ、回らない寿司は三大敷居の高い食べ物です。

行くならば覚悟を要します。奢りであれば、その敷居はぐんと下がりむしろ、自動ドア並みのフレンドリーさまで下がってくれます。むしろ遊園地のゲートのようにドキドキワクワクしてしまうものです。

ドキドキワクワクしたです。

Jちゃん社長に頼んでみて。(他力本願)

松尾


剪定キングコング2

2017年7月25日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

『久留米市のお庭屋さん』 と謳っっていますが、
鳥栖市、みやき町、筑後市、小郡市、大木町、
と隣接している市町村でも、よく工事をしています。


昨日から入っている鳥栖のI様邸の剪定の様子を見にいってきました。
鳥栖市で剪定
立派な和風庭園のあるお家です。

高木が多く、仕立ててあるものばかりですので、剪定にも手間ヒマかかります。


入ってもらった職人さんは、
うちのN氏と、げんた君こと、Kさん。



鳥栖市で剪定
体が重そうですが、腕は確かです。


単に小さく、形を整える、剪定するのではなく、
植木のことを考えて剪定してくれます。

話を聞くと勉強になる、頼もしいキングコングです。






鳥栖市で剪定
あ、言っちゃった・・・・。


信頼し、仲がいいから言えますが、
脚立に登ってる姿はキングコングそのもの。


Kさん、転落と熱中症には十分注意して、作業進めてくださいね。


お隣り様のブロックに傷をつけてしまった

2017年7月22日|カテゴリー「スタッフが日々考えていること
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。
世界は誰かの仕事でできている
ジョージアのCMのように、いい味を出すビジネスマンになりたいものです・・・。



この仕事をしていると、いいことばかりではなくてですね。
ときには、お客様に謝りにいかないといけないこともあります。


7月頭から工事に入っている現場で、
職人が作業中、お隣りの敷地のブロックに傷をつけてしまいました。

土を掘るときに使う重機(バックホウ)のツメで、ガリッ と。


backhou
15cmほどの傷で、深くはないものの、お隣さんのブロックに傷をつけたことには変わりはないので、
すぐにお詫びにいきました。



翌日にはモルタルで補修をしました。

車のボディをパテで埋めるように、
削れてしまった凹みに、モルタルをかぶせ補修しました。





補修後、改めてお隣さんへ、お詫びのあいさつにいきました。

経緯を説明し、今後補修箇所が破損したり、不具合がおきたときには、
こちらで対応させていただくことで、
ご了承を得ることができました。


隣地のブロックに傷を付けてしまうことは、
あってはいけないことですが、まれに起こる事故です。


起こしてしまった以上、
そこは素直に非を認め、納得していただけるよう努力しないといけません。



たいへん です。


pagetop