スタッフが日々考えていること

和風のお庭をプランニング中

2021年1月11日|カテゴリー「スタッフが日々考えていること
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

年明けのバタバタを解消しつつ、今日はようやくプランニングに取り掛かりました。

年明け最初のプランニングは、「和風のお庭」。

最近では、純和風のお庭を依頼されることはまれです。
(先日、石組みの池を作りましたが。「庭」とはまた違うな。)

それも、そこそこの広さ、ボリューム。
これは気合を入れねば。


昨年の暮れに現地の様子、お客様のご要望を確認し、これから形にしていきます。




本やカタログ、インターネットでこんなんがいいかなあ。と考えながら作るのですが、

ちょいちょい行きづまります。

プランニングのプロセスが確立されていないからでしょうね。

外構、エクステリアだったら、
駐車場を作って、アプローチを作って、門周、植木、照明、と、自分の中でのプロセスができているのですが、

和風のお庭となると、このプロセスは通用しないので、行きづまるんですよね。



ただ、いつも考えているのは、
「主役」と「脇役」と「背景」


どこを一番見せたくて、それを引き立てるものを添えて、それらがさらに際立つよう余計なものを遮断する。


写真の構図にも当てはまります。





お庭のプロとして、お客様に喜んでいただけるようなプランを作らないといけません。
腕の見せどころ。

楽しいです。






他にもいろいろ仕事があるのですが、ついついプランニングに時間を取り過ぎてしまう。


今年は「計画的に仕事をする」ことも、目標のひとつにしているので、気をつけなければ。

ボスからも「いつまでも若くないんだから。」と注意されましたし。(苦笑)


e-garden(いーがーでん)の坪庭、和風ガーデンの施工例です。


新年あけましておめでとうございます。

2021年1月7日|カテゴリー「スタッフが日々考えていること
新年あけましておめでとうございます。

久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。


e-garden(いーがーでん)では、本日、1月7日よりのスタートです。

他のお店、企業様と比べると少し遅めのスタートとなりましたが、今年も一年よろしくお願い致します。





2020年はコロナに翻弄された年になり、年があけたこの数日でもその回復の兆しはまったく見えない状況で、不安になりますが、


お店としてできる限りの対策をして、気持ちだけは暗くなることのないよう、スタッフ全員で取り組んでいきます。



どうぞ、みなさん今年も一年、よろしくお願い致します。




年始のあいさつにふさわしい写真でも撮っておけばよかったのですが・・・・。
今年一発目の記事は文字だけの記事になってしまいました。
ここらへんは、私なんかより、是永が得意としている分野です。


全身真っ黒のお家が多くなってますね。

2020年11月4日|カテゴリー「スタッフが日々考えていること
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

休みに髪を切ってきました。
いきつけの散髪店のお父さんが映画好きでですね。

今回は、今話題の「鬼滅の刃」の映画について熱く語ってもらいました。

内容はさておき、Tジョイ久留米の映画のスケジュールを見せてもらいました。



映画スケジュール鬼滅




こんなことってある!?
こんなことってある!?

レイトショー、ナイトショーも含め、一日 34本 の上映(曜日限定もありますが)



同じアニメのプリキュアとクレヨンしんちゃんを見比べると
映画スケジュールプリキュア
プリキュア 一日6本
映画スケジュールしんちゃん
クレヨンしんちゃん 一日1本
「鬼滅の刃」のすごさが伝わってきます。

映画の興業収入は今、どこまで伸びてるんだろ。


こりゃ、子供を連れていかないといかんかな。
(資格試験が迫ってますが・・・・・。)


さてさて、昨日は鳥栖市のO様と新築外構のお打ち合わせをさせていただきました。

初回のご提案でしたが、
駐車場部分のプラン、ガーデン部分のプラン、また歩車道境界ブロックの切り下げの提案と
気に入っていただけたようでした。


O様邸もですが、先週末にお打ち合わせさせていただいたM様の建物も

外壁が「黒」です。



今、黒い外壁を使う建物、多いですね。


今年に入ってから新築外構工事をさせてもらったところも、ほとんど黒い外壁の建物でしたし、

ある新しい分譲地では20区画あるうちの13戸が黒い外壁でした。
一部、白い外壁部分があったり、木調の外壁部分があったりはしてますが、ベースカラーは黒。


人気の理由は定かではないですが、

私たちエクステリアプランナーは、
建物に合わせて、建物が引き立つように、外構、エクステリアを作っていきます。

決して無視はできない傾向です。



まあ、苦手なスタイルではないので、OKなんですけどね。


台風一過で思うこと

2020年9月10日|カテゴリー「スタッフが日々考えていること
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

台風9号、10号と大きな台風が続けてきましたが、みなさんのお家は大丈夫でしたか?

我が家は幸い、ゴミ箱が倒れた程度で済みましたが、あの風の音にはビビりました。


台風がもっと近くを通っていたら、さらに大変だったと思います。




当社でも台風9号のあと、10号のあとと、
植木が倒れた、カーポートの屋根が飛んだ という依頼をいくつか受けております。



しばらくはこの慌ただしさは続きそう。




私のお客様のところでは、ウメの老木が折れていました。
お隣りの土地に傾き倒れかけていたので、折れた枝を切り落とし、回収。


こちらのお客様は毎年、10月11月の秋に剪定をさせていただいているのですが、

毎年強く大きな台風が来るので、台風シーズン前に剪定を済ませたほうがいいような気がします。


剪定して、葉や枝を間引いて少なくし、風の力をまともに受けないようにする。
また、傷んだ枝、老木を早めに見つけるようにする。


台風のあと倒れてバタバタするより事前に対策を打つほうがいいですよね。

お客様が決めることなので、強制はできませんが、プロとして今後進めていくのもひとつかな。と。



ブロック塀に関するお問い合わせ

2020年8月30日|カテゴリー「スタッフが日々考えていること
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

私、ブロック塀診断士の資格を持っております。

2年前に、小学生の女の子が倒れた擁壁の下敷きになって亡くなられた地震がありました。


その地震をきっかけに、
ブロック塀のちゃんとした知識を身につけておかないといけない、
また、ブロック塀の耐久性を気にかけるお客様が増えてくる、その要望に応えられるようになろう、


という思いで勉強し、取得しました。



努力したのですが、正直この2年、
ブロック塀を診断してほしい、といったご依頼はほっっっとんどありませんでした。

思ったほど、需要がないんだなあ。と思っていたのですが・・・・・・、


けれど、けれど、努力がようやく実をむすびました。

今週、ブロックフェンスをやり変えたいというご相談をいただきました。


ブログのブロックの記事を読まれて、お問い合わせいただいたとのこと。


嬉しいですね。



私の持ちうる、全ての知識と経験を持って、対応させていただきます。

M様、このたびはお問い合わせありがとうございます。

どうぞ、よろしくお願い致します。


ブロック塀診断士カード
pagetop