スタッフが日々考えていること

24条申請とは?

2019年2月9日|カテゴリー「スタッフが日々考えていること
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

今プランニングしているお客様のところで、24条申請絡みのことをしています。


24条申請・・・・・??????


と疑問に思われる方も多いと思います。

なので、簡単に説明します。
(ま、私もさっきググッてみたんだけど・・・。)




24条申請
24条工事
道路管理者以外の者が道路管理者の承認を得て行う道路に関する工事又は維持のこと。
一般的には、「道路の乗り入れ申請」とあります。



今、プランニングしているお客様のところでも、
道路と敷地を出入りできるようにするために、ブロックを一部壊す必要があります。
歩車道境界ブロック
これです。


ところで、このブロック。正式にはなんている名前か知っていますか?








・・・・・・・・・・・???



「こどもがよく乗るブロック」じゃないですよ。






・・・・・・・・・・・???












ボーっと生きてんじゃねーよ。



チコちゃん






ねえねえ、なかむら、このブロックはどこにあるの?

「歩道と車道の間。」


そうこのブロックは、「歩車道境界ブロック」と言います。
歩道と車道を分けるブロックで、
歩行者を守るために、簡単に車が歩道に入ってこれないようにするブロック。


車道から敷地内にはいるとき、歩道をまたぐ必要があるときには、
写真のように、一部低くなっている部分を通ります。



乗り入れ部
けれど、この部分がうまい位置に来ていないときがある。

「あーあと1mこっちだったらな。」というとき。


そんなときは、
歩車道境界ブロックを壊して、乗り入れブロックに変えることができます。


この
「歩車道境界ブロックを壊して、乗り入れブロックに変える」工事の許可を取ることを
『24条申請』というんですねえ。





ないほうが車の乗り入れがしやすくていいのに。という意見も出てきそうですが、

上でも書いたように、このブロックは、「歩行者を守るためのもの」。
車が簡単に歩道に入ってこれるようにするわけにはいかないのです。



ちなみに久留米市では、車の出入りができる乗り入れ部分は、「長さ5m」 とのこと。


条件によっては、5m以上取ることもできるし、
横断歩道、トンネルの近くでは5m以下にしかできないこともあるみたいです。

まあ、都度都度、役所に問い合わせないとわかりませんね。





手続きがめんどう臭いですが、これもルールを守るため。勝手に工事をしてはいけません。



虫の話を聞くと、「沈黙の春」を思い出します。

2019年1月15日|カテゴリー「スタッフが日々考えていること
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

昨日のことですが、スタッフの樋口からこんな質問が、
「ウッドチップの下に虫ってきますか?」


話を聞くと、どうやらお客様が虫が嫌いらしい。
まあ、虫が嫌いな女性は多いので、驚きはしないのですが、
虫がここまで嫌われると、一生懸命に生きているだけなのに、不当な扱いを受ける虫たちに同情してしまいます。

それと、レイチェル・カーソンの『沈黙の春』を思い出します。


沈黙の春
要約すると、

自然豊かな農園で、虫を殺すために殺虫剤をまいたところ、

虫といっしょに、小鳥や動物、家畜、そして人までも、バタバタと死んでいき、
春が来ても、生命の息吹を感じることができない。

というお話です。



そして、結語に、

「すべては人間が自らまねいた禍だった」と、書かれています。


参考サイト



生命という大きな枠組みと捉えるなら、虫も人も共同の生活圏に住む生命。
関連しながら生きています。

虫を殺虫剤や薬といった、人工的な「力」で駆除すると、その影響は人にも及んでしまいます。
それは、すぐに影響が出ることもありますし、数年後に影響が出ることもあります。

目先の目的のために、局所的な対応をして痛い目を見るということです。



話がまとまりませんが、「虫を薬で殺す」というのは、生態系や自然の力とは相反しており、
いかがなものかと思います。
植木の剪定といっしょに、虫がつかないように、『消毒』を承っておりますが・・・・・。



「それでも虫はイヤなんです
という人のために、明日は、健康的に自然の力を使って、虫を減らす工夫をお伝えします。
(あくまで「減らす」です。)



福祉住環境コーディネーター 合格

2019年1月12日|カテゴリー「スタッフが日々考えていること
こんにちは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。





合格




しました。


何にかって?

去年受験した、福祉住環境コーディネーター資格試験にです。

仕事始めの1/7に家に帰ると、合格通知が来ていました。
年始早々、縁起がいいですね。


福祉住合格
試験を受けたときは、時間配分を間違い、気を落としていたのですが、
やっぱり、神様は見ていてくれてるんですね。(こういう時ばっかり神を信じてしまう)


無事に 合格! ほんとよかった。



まあ、ただ実践を重ね、経験を重ね、本当に力のある、知識のあるコーディネーターになるもの。

これからです。


前の会社の先輩がおっしゃられていましたが、
資格は運転免許証のようなもの。最低ラインを保証するもの。
大型や二輪や特殊や、レーサーというふうに、運転技術にはさらに上がある。


これからもっとがんばらないといけないです。

外構、ガーデンのプランの中に、福祉・介護の視点、提案を織り交ぜていきます。



手すりやスロープ、を検討されている方、将来が少し不安な方、介護されている方、
外構やガーデンのことなら、e-gardenにお任せください。





今年の目標!『忙無』

2019年1月8日|カテゴリー「スタッフが日々考えていること
新年あけましておめでとうございます。






久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

たっぷりのお休みをいただき、e-garden、昨日より営業開始です。
体調を崩した者もいますが、仕事始めにはみんな元気に出社しました。

会社として、お店としての目標もありますが、
私が個人的に立てた目標は、


忙無
『忙無』


私の造語なので、読み方は・・・・・・、


「ぼうむ」


と読むことにします。




この言葉を、2019年の目標に決めた理由は、
人は忙しいと、周りの人への心遣いや配慮が少なくなる。
親切にできなくなる。雑に扱うようになる。

「忙」という字は、「こころを亡くす」と書きます。

「人へのやさしい気持ちがなくなる」ということ。
誰が考えたのか知りませんが、よくできてるな。と感心します。


2018年を振り返って、忙しさのあまり、周りの人への配慮に欠けていた反省の意を込めて、
この目標としました。

付け足した「無」の字は、単にかっこいいから。





さあ、2019年、「人にやさしく」していきます。




人にやさしく

2018年お疲れ様でした。そして2019年に向かって。

2018年12月29日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんにちは!
久留米市のお庭屋さん「e-garden」のヒグチです☺
今日で仕事納め。

他のスタッフも各自感想を述べていますが、
この1年の私の感想としては、率直に、ただあっという間に駆け抜けたな~という感じです。
そんな中で、この1年で出会ったお客様に心から感謝いたします。

ほとんどは、お客様へエクステリアの情報をお伝えすることが多いのですが、
今年出会ったお客様は、エクステリアのことに関してとても熱心に情報を収集されたり、
お客様自身でいろんな箇所へ見に行かれ、都度写真を見せていただいたり。

「こういう施工方法もあるのか~」と勉強になったことも多々有りました。
そんな情報を今後に活かしながら、もっと成長できたらと思います(*^^*)



12月から新築外構工事の着工中の久留米市のN様。
都度進捗情報をお伝えしておりますが、
天候等で工事が進めなかったこともあり、
年内中に完成できず、来年に持ち越しとなりました。。。

休み期間中には通路を確保しておりますが、
N様にはご不便をおかけしてしまい、申し訳ありません。。

昨日までの作業は、
アプローチと車庫の一部にコンクリートを打設しました。

IMG_1960

N様ご提案の六角系のアプローチ。
3パターンの舗装で仕上げます♪
IMG_19571

車庫の一部にコンクリートを打設しました。
車が止められるようになるにはもうしばらくかかりますので、その間に養生などをきちんと行い、
安全対策には気をつけています。



年が明けたら、メインとなる花壇の最終仕上げに入ります。
N様が一番こだわられ、完成をとても楽しみにされています♪
私もとってもとっても楽しみです(*´∀`)
左官さんと打合せをしながら、無事完成できるよう目指します☆

今年もいろいろありがとうございました。
来年度もイーガーデンをよろしくお願いいたします(*^^*)



pagetop