スタッフのこだわり

ガーデンパンの据え付け  をやってみた

2021年3月31日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

久留米市のO様邸の新築外構工事もいよいよ大詰め。


土間コンクリートの養生も今日で終わり、

今日は防草シート+砂利敷き   部分的にぐり石

そして、ぐり石の上にガーデンパンを据えました。(私が・・・。)



平たいぐり石
①まずは、防草シートを敷き、専用の固定ピンで止めます。

②そこに割と平たいぐり石を据えます。
ガタガタしないように、セットハンマーでたたきこみます。



排管を切ります。
③排管のパイプを短く切ります。
ぐり石の上、5cmくらいのところで。



モルタルを練る
④バケツにモルタルを練ります。

この写真で作った量では、全然足らずに、この5倍の量のモルタルを追加で練って使いました。


⑤練ったモルタルをぐり石のすきまに流し、ぐり石間が動かないように固定します。
(写真がありませんが・・・。)

⑥その後、ぐり石の上、排管のパイプのまわりにもモルタルをたっぷり載せます。
(写真がありませんが・・・・・・。)

⑦その上にガーデンパンを据えます。
(写真がありませんが・・・・・・・・・。)

⑧ガーデンパンの上に水平器を置き、斜めにならないよう、水平になるよう、調整します。
このときのモルタルの硬さが重要。やわらか過ぎても硬すぎても水平を維持しにくい。
モルタルの硬化するタイミングを見計らいます。






acf8f2b8922194fe317eb8317f837fd0-e1617202284644
⑨ガーデンパンが水平になったら、その水平を崩さないように、パンのまわりにもぐり石を据えていきます。

モルタルや下の防草シートが見えないようにできたら完成。



たったこれだけですが、やはり時間かかってしまった。
水平に据えて、固定するのが難しかったな。モルタルの硬さがね。


工事もほぼほぼ完成です。

残すところは、表札の取り付け、追加の化粧ブロックの積み足し、ブロックのクラックを隠すためのモルタル補修
といったとこでしょうか。



あ!あと前面道路の清掃です。



全て工事が完了しましたら、全体の写真をご紹介します。



久留米市のO様、もう少しお待ちください。



視覚的アプローチにチャレンジ

2021年3月30日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

今日は現在進行中の新築外構のご紹介。

こまめに紹介しておけばよかったのですが、
現在、「もうすぐ完成」状態。


途中の写真もあわせてご紹介します。


こちらの外構のプランで、私がこだわったところは、『視覚的アプローチ』


私の好き嫌いの話になるのですが、


駐車場とアプローチを明確に分けるプランが嫌い → 自然に空間が変わるプランが好き

駐車場はコンクリート。アプローチは石張り。といった素材で空間を分ける方法は、素人でもできる。
素材の力に頼らず、形(プラン)で空間を分ける(しかも緩やかに。)ことができるのが、プロの技術。



というのが、私のこだわり。

こちらの外構では、お客様にプランを気に入っていただき、それを形にすることができました。


before
視覚的アプローチAビフォー
駐車場のコンクリートのひび割れ防止のためにいれる「目地」

これをデザインに加えます。
horizontal
after
視覚的アプローチAアフター
門周までまっすぐ導くように見える
before
視覚的アプローチBビフォー
玄関へとカクンと90度折れる
horizontal
after
視覚的アプローチBアフター
視覚的アプローチCアフター
別アングルから。
目地の切り方にデザインを入れることで、
車を停める駐車場がアプローチの役割を果たしてくれるようにできます。


自己満足の世界かもしれませんが、私の勝手なこだわりです。


only one clubアイデアコンテストに応募しました。

2020年12月23日|カテゴリー「スタッフのこだわり
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

先日、only one clubのアイデアコンテストの締め切り近い!というブログを書きましたが、

そのアイデアコンテストにギリギリ応募しました。


OWアイデアコンテスト2020
20日(日)の24時締め切りの23:56に、応募。

ほんとギリギリでした。(もっとギリギリが過去にはありますが・・・。)




締め切り2日前の昼休みにはみがきをしていたら、フッとアイデアがおりてきて、
「あれ、これいけるんじゃね?」と。


去年は模型を作るために、日曜日を丸一日費やしたけれど、今回は「既製品」をそのまんま使うことにしたので、
プレゼン資料を作るのも楽でした。

すでにある「既製品」ならアイデアコンテストにならないんじゃ?と思う方もいると思いますが、
既製品を「大きさ」と「用途」を変えて使うというアイデアです。


これ実現したら、商品化されたら、便利なはず。


こちらのコンテスト、過去には実際に商品化されたものもあるので、勝手に想像が膨らみます。

商品化されたらいくら入ってくるかな?
新聞に顔写真でるかな?  とか。

取らぬたぬきのなんとやら・・・  状態。


結果が楽しみです。





もし落選したら、ネーミングのせいだな・・・・・。


サンルームの残工事とお引渡しとバラ

2020年10月31日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

みやま市瀬高町H様邸のサンルーム工事、本日残工事+お引渡し(?)をしてきました。


残工事のひとつは、これ。



塩ビ管のたちあがり
サンルームの雨どいから塩ビ管へとつなぎこむ、塩ビ管の立ち上がりが必要以上に長かったので、
カットしました。


塩ビ管を短く
すっきり、すっきり。

アルミの組立屋さんも気をきかせてカットしてくれたらよかったのですが、
そこは、私が指示していなかったところなので、贅沢は言えません。



この塩ビ管を切るだけならすぐにできると思ったのですが、

思ったより簡単ではなかった。



雨樋が塩ビ管の中につっこまれている状態で、のこぎりで切ると、どうなると思います?

雨樋もいっしょに切れてしまいます。


そこで、雨樋を塩ビ管から抜くために、雨樋を一度はずすはめに・・・・・・。

脚立持ってきててよかったあ。


塩ビ管のカット、土間コンクリートの土よごれを洗い流し、ルーム内をぞうきんで拭き上げ、

残工事終了。


ようやく、お引渡しとなりました。


はれもよう
写真は、塩ビ管をカットする前のだ。

ここまで無事にこれてよかったです。
少し肩の荷がおりました。

苦労した分、お客様に喜んでいただき、無事お引渡しをできたことがとてもうれしく感じます。

よかった。本当によかった。

H様、ありがとうございました。



帰り際、H様のおうちのバラが目に止まりました。

秋バラです。




秋バラ
今回の工事の打ち合わせを進めているとき、
9月の台風でだいぶ傷んだバラなのですが、

花をいくつか咲かせていました。


秋バラ、後ボケ
大輪の八重咲きのバラで美しいです。

癒やされます。



来春にも咲かせてくれることでしょう。

元気に育て!


もうすぐonly one clubデザインコンテストの締め切り

2020年10月17日|カテゴリー「スタッフのこだわり
けっこう仕事が忙しいのですが、
そんな中でも、来週締め切りを控えているonly one clubの「デザインコンテスト」に向けて、プランを練っています。



デザインコンテスト2020
以前は、この手のコンテストにまったく興味がなかったのですが、
3年前、たまたま応募した作品が受賞してしまい、その後も、応募したら何かしらの賞をいただけており、





味を、しめてしまいました。






今回は十分に準備ができているわけではないのですが、
残された時間で、できるだけのことはやるつもり。

プランニング力を上げて、お問い合わせいただいたお客様に満足のいくプランをご提供できるよう
力をつけていきます。

がんばんべー!











受賞いただけるのは嬉しいんですけどね。


webスタッフの是永から、「中村さーん、受賞歴のページを更新してください。」と催促されるんですよね・・・・・・。



「うっ」
早く更新しないと。
「更新します。」と言い始めてから、もうすぐ半年経つわ。


pagetop