スタッフのこだわり

only one clubアイデアコンテストに応募しました。

2020年12月23日|カテゴリー「スタッフのこだわり
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

先日、only one clubのアイデアコンテストの締め切り近い!というブログを書きましたが、

そのアイデアコンテストにギリギリ応募しました。


OWアイデアコンテスト2020
20日(日)の24時締め切りの23:56に、応募。

ほんとギリギリでした。(もっとギリギリが過去にはありますが・・・。)




締め切り2日前の昼休みにはみがきをしていたら、フッとアイデアがおりてきて、
「あれ、これいけるんじゃね?」と。


去年は模型を作るために、日曜日を丸一日費やしたけれど、今回は「既製品」をそのまんま使うことにしたので、
プレゼン資料を作るのも楽でした。

すでにある「既製品」ならアイデアコンテストにならないんじゃ?と思う方もいると思いますが、
既製品を「大きさ」と「用途」を変えて使うというアイデアです。


これ実現したら、商品化されたら、便利なはず。


こちらのコンテスト、過去には実際に商品化されたものもあるので、勝手に想像が膨らみます。

商品化されたらいくら入ってくるかな?
新聞に顔写真でるかな?  とか。

取らぬたぬきのなんとやら・・・  状態。


結果が楽しみです。





もし落選したら、ネーミングのせいだな・・・・・。


サンルームの残工事とお引渡しとバラ

2020年10月31日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

みやま市瀬高町H様邸のサンルーム工事、本日残工事+お引渡し(?)をしてきました。


残工事のひとつは、これ。



塩ビ管のたちあがり
サンルームの雨どいから塩ビ管へとつなぎこむ、塩ビ管の立ち上がりが必要以上に長かったので、
カットしました。


塩ビ管を短く
すっきり、すっきり。

アルミの組立屋さんも気をきかせてカットしてくれたらよかったのですが、
そこは、私が指示していなかったところなので、贅沢は言えません。



この塩ビ管を切るだけならすぐにできると思ったのですが、

思ったより簡単ではなかった。



雨樋が塩ビ管の中につっこまれている状態で、のこぎりで切ると、どうなると思います?

雨樋もいっしょに切れてしまいます。


そこで、雨樋を塩ビ管から抜くために、雨樋を一度はずすはめに・・・・・・。

脚立持ってきててよかったあ。


塩ビ管のカット、土間コンクリートの土よごれを洗い流し、ルーム内をぞうきんで拭き上げ、

残工事終了。


ようやく、お引渡しとなりました。


はれもよう
写真は、塩ビ管をカットする前のだ。

ここまで無事にこれてよかったです。
少し肩の荷がおりました。

苦労した分、お客様に喜んでいただき、無事お引渡しをできたことがとてもうれしく感じます。

よかった。本当によかった。

H様、ありがとうございました。



帰り際、H様のおうちのバラが目に止まりました。

秋バラです。




秋バラ
今回の工事の打ち合わせを進めているとき、
9月の台風でだいぶ傷んだバラなのですが、

花をいくつか咲かせていました。


秋バラ、後ボケ
大輪の八重咲きのバラで美しいです。

癒やされます。



来春にも咲かせてくれることでしょう。

元気に育て!


もうすぐonly one clubデザインコンテストの締め切り

2020年10月17日|カテゴリー「スタッフのこだわり
けっこう仕事が忙しいのですが、
そんな中でも、来週締め切りを控えているonly one clubの「デザインコンテスト」に向けて、プランを練っています。



デザインコンテスト2020
以前は、この手のコンテストにまったく興味がなかったのですが、
3年前、たまたま応募した作品が受賞してしまい、その後も、応募したら何かしらの賞をいただけており、





味を、しめてしまいました。






今回は十分に準備ができているわけではないのですが、
残された時間で、できるだけのことはやるつもり。

プランニング力を上げて、お問い合わせいただいたお客様に満足のいくプランをご提供できるよう
力をつけていきます。

がんばんべー!











受賞いただけるのは嬉しいんですけどね。


webスタッフの是永から、「中村さーん、受賞歴のページを更新してください。」と催促されるんですよね・・・・・・。



「うっ」
早く更新しないと。
「更新します。」と言い始めてから、もうすぐ半年経つわ。


お庭の雑草対策工事です。

2020年10月4日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

e-garden(いーがーでん)では、外構工事よりガーデン工事のほうが多いです。

先月末から、続けてお庭の雑草対策の工事が始まりました。


大牟田市N様邸


表土すき取り
草刈り、表土すき取りをしたところです。

ウッドデッキ前のスペースを芝から、砂利敷きに替える工事です。

砂利の下には、防草シートを敷きます。


防草シートを敷くときには、必ず表土すき取りをしなければなりません。

表土すき取りをして、芝、草、草の根を取り除いておかないと、
防草シートの下で腐ったり、シートをつきやぶったりします。
また、水勾配をとるための整地をするときの邪魔になります。



このあと、防草シートを貼っていきます。


場所は変わって、八女市のK様邸。

こちらはお庭が広くてですね。さすがに草取りの手が追いつかないとのことでした。


b13a881cbf39b87d5c9ae1064cf76b52
防草シートは幅が1mのものを使うことが多いのですが、
K様のところのように、広々としているところでは、幅2mのものを使います。

できるだけシートの継ぎ目、重ね合わせる部分は少ないほうがいいからですね。


こっちの方向から見ると、ピンとワッシャーがきれいに並んでいるように見えます。

(90°向きを変えると、ずれてるのがよくわかるんだな。)



ワッシャー
ピンとワッシャー


今まで、ワッシャーを積極的に使っていなかったのですが、
ワッシャー使ってみるといいですね。


今まではワッシャーの役割は、
『ピンのすきまから草が生えてくるのを抑えるため』 と思っていたのですが、

それだけでなく、
ピンを打ち込むときに、ピン先が動いてシートがやぶれるのを防いでくれるのです。
シートがやぶれるとそこから雑草が生えやすくなるので、シートはやぶれないほうがいい。

いやあ、知らなかった。


ワッシャーの金額もそう高くないからですね。
この金額を削って使わないより、使って確実にシートを固定し雑草を抑えたほうがいいです。






大牟田市のN様邸も、八女市のK様邸も、左官さんとの工事のかねあいで、2週間ほどかかります。

進捗や、完成は、改めてご紹介します。


こだわりの新築外構のプラン

2020年10月2日|カテゴリー「スタッフのこだわり
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

現在新築外構の打ち合わせをさせてもらっているお客様のプランを一部ご紹介します。


プランニングは1軒1軒、こだわって取り組んでいます。

お客様は、当社を含め数社のエクステリア・ガーデン専門店で見積もりを取ることが多く、

相見積もりになったとき、
「e-gardenさんのプラン、中村さんのプランが一番よかった」と思っていただきたいからです。

やはり「プランが一番いい」というお言葉をいただけることが
プランナー冥利に尽きるというものです。




N様アプローチ
2b15613b532be908243e4614006c922e
O様門柱
I様門柱
門周には緑いっぱいのプラン。


個人的には、
上3つのプランでも、植木・地被植物をたくさん入れたいところですが、

お手入れに自信のないお客様も多いので、控えめに入れています。


緑は少なくても、それぞれにこだわって作っています。


どんなにこだわって作ってもお客様の要望やご予算に合わなければ、そのプランはボツとなることも・・・・・。

なかなかこの折り合いをつけるのが難しい。

ちなみに、上の4つのプランはすべてボツ案。

難しい、ほんと難しい。


こだわりの新築外構のプランをみたい、作ってもらいたい方は、
e-garden(いーがーでん)まで、ご相談ください。


pagetop