スタッフのこだわり

庭で、虫を減らす方法

2019年1月19日|カテゴリー「スタッフのこだわり
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

虫が来ないようにする庭づくりの話の続きです。


虫が嫌いな奥様が多いですが、
虫も生態系の一部を担っている生物です。


みなさん、中学生の頃に習った、『食物連鎖』のことは覚えていらっしゃいますか?


食物連鎖
ある特定の生物が何らかの力で、減ってしまうと、
その生物を食していた上層の生物は、減ってしまいます。
その反対に、
下層の生物は、天敵がいなくなるので、増えてしまいます。

一度、この状況ができてしまうと、元に戻るまでに数年かかると言われています。




話を元に戻しましょう。

虫を減らしたいということでしたら、その上層の生物を増やすこと。

虫を食する、上層の生物は・・・・・、




「鳥」


です。


野鳥を呼ぶ庭づくり
「野鳥を呼ぶ庭づくり」によりますと、

シジュウカラ(スズメほどの大きさ)は、1年間で、125,000匹もの毛虫を食べるそうです。

これを1年365日で割ると、342

つまり、1日平均、342匹もの毛虫を食べてるという計算になります。

毛虫は1年中いるわけではないので、仮に1年の1/3の期間とすると、一日で1000匹も食べるということになります。

この数字の信憑性は、自分自身で確かめたわけではないのでなんともですが、
大量に食べるという事実は、確かだと思います。

つまり、「虫を来なくする」というか、「虫を減らす」には、虫を食する『鳥が来る庭づくり』をすることです。


では、「鳥が来る庭」とは、

鳥が食べる実のなる木を植えること、
隠れ家となる、高木低木が混植された植栽スペースを作ること、
水場を作ること、
土スペースがあること、

そういうお庭が、鳥の生活空間の中にいくつもあること。(これは、1軒の家だけではできません。)




虫が少ない庭づくりをするには、
植木の多い庭をつくること。

植木だったらなんでもいいというわけではありませんが、
生態系のあるべき姿、あるべき環境を作ってあげることが、いい庭づくりだと思うのです。






今年の目標!『忙無』

2019年1月8日|カテゴリー「スタッフが日々考えていること
新年あけましておめでとうございます。






久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

たっぷりのお休みをいただき、e-garden、昨日より営業開始です。
体調を崩した者もいますが、仕事始めにはみんな元気に出社しました。

会社として、お店としての目標もありますが、
私が個人的に立てた目標は、


忙無
『忙無』


私の造語なので、読み方は・・・・・・、


「ぼうむ」


と読むことにします。




この言葉を、2019年の目標に決めた理由は、
人は忙しいと、周りの人への心遣いや配慮が少なくなる。
親切にできなくなる。雑に扱うようになる。

「忙」という字は、「こころを亡くす」と書きます。

「人へのやさしい気持ちがなくなる」ということ。
誰が考えたのか知りませんが、よくできてるな。と感心します。


2018年を振り返って、忙しさのあまり、周りの人への配慮に欠けていた反省の意を込めて、
この目標としました。

付け足した「無」の字は、単にかっこいいから。





さあ、2019年、「人にやさしく」していきます。




人にやさしく

ブロック塀診断士の受験票が届きました。

2018年12月7日|カテゴリー「スタッフが日々考えていること
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

今日作った図面のひとつに、ブロック塀のやり変え工事のものがありました。
佐賀県神埼市の個人邸で、個人さまからのご依頼です。


古くなったブロック塀、門柱がひび割れ、傾いてきており、このままでは危ない!
今あるものを壊して、新たに作り直したいというご要望です。



このような依頼は、多いわけではありませんが、
6月の大阪北部地震依頼、ブロック塀の耐震強度については、世間の注目を集めています。



そういうこともあり、来週は、ブロック塀診断士の試験を受けます。

先日、受験票が届きました。




ブロック塀診断士



合格することもだけれど、
ブロック塀についての知識を深め、お客様にきちんと説明できるようになりたいですね。

エクステリア、ガーデンのデザインだけでなく、
ブロック塀についてもちゃんとしたプロになれるようがんばります。

うりゃ!



リックスクエアでオススメされた本を買っちゃいました。

2018年12月5日|カテゴリー「スタッフが日々考えていること
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

先週、リックスクエアに参加し、講師の方から、「2020年以降の住宅業界の動向」についてお話を伺ってきました。
▼▼▼そのときのブログ▼▼▼




そのとき、講師の三浦氏が、「是非みなさんも読んでみてください。」と勧めてくださった本がありました。






革命のファンファーレ

『革命のファンファーレ』

お笑い芸人、キングコング西野亮廣氏の著書です。

まだ読んでいないので、中身についてはまったくですが、
勧めてくださった三浦氏が言うことには、



『貯信』


お金の貯めるのではなく、信用を貯める。

結果、お金がついてくる。

『増信増益』  とおっしゃられていました。



これって、商売の基本ですよね。
お客様との信頼関係を築き信用を得て、自社の商品やサービスを買っていただく。→売上が上がる


数字を優先して、本当の目的である、お客様との信頼関係を築くことがおざなりになってはいけません。

↑ !?まだ本を読んでいないので、書いてあることと違うかもしれません。↑は私自身の言葉です。



今週は読めないと思うのですが、年末にかけて読んでみようと思っています。


ちなみに、その他の本も買ってしまいました。






ついでに買った


買うつもりは全然なかったのですが、
久しぶりに本屋さんに行って、タイトルや表紙を見てたら欲しくなって買っちゃいました。

衝動買いをするタチではないんですけどね。
いかん、このときはまとめて買っちゃいましたね。
(いいんです。本は無駄遣いにはなりません。)


これらも年末年始にかけて読もうと思ってます。

感想をここで書くかもしれません・・・・・・。
書かないかもしれません・・・・・・。


美しい目地の切り方

2018年11月29日|カテゴリー「スタッフのこだわり
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

昨日のブログの続き。▼▼▼▼▼


昨日アプローチの目地切りは、鋭角を作らない

理由は、鋭角部分は、割れやすい、欠けやすい、から。と話ました。

それとは別に、鋭角部分を好きになれない、うまく表現できないけれど嫌、と思っていました。


そんなモヤモヤした思いをずっと持っていたのですが、
あるとき、相棒の今泉が見せてくれた写真にその答えがありました。



下の2枚の写真を見てください。


乱形01

乱形02
みなさん、どちらの乱形貼りが美しいと思いますか?



色じゃないですよ。

貼り方。








乱形解説
上の写真、

赤い◯印をつけた部分、ちょっとうるさい印象を受けませんか?
ゴミゴミしているというか、線が集中してうるさい感じ。







石の貼り方には、四つ目地や、通し目地はよくないとされています。

今回調べて、初めて知りました。



乱形解説2

青線のところが、四つ目地

赤線のところが、通し目地   です。



美しい乱形石貼りを作るには、上の2つの目地パターンはダメとされています。




では、どういう目地がいいのか????





乱形解説3

それは、上の写真のように、漢字の「人」の字のように見える目地。


緑の線で引っ張っていない箇所も、「人」の字、「Y」の字になっています。



美しいです。



そう、私が違和感を覚えていた目地は、線が何本も交差してうるさい印象のある四つ目地パターンだったのです。

その半面、「人」の字になるように目地を作っているパターンは、線が集中しても3本。
まったくうるささを感じません。




そして、もちろんこの貼り方のほうが手間もかかり、センスも問われます。

この手間を惜しまず、きちんと美しく乱形石貼りをしてくれる職人さんが腕のいい、信頼のおける職人さん、ということになります。


恥ずかしい話しながら、現状のうちの職人では、これが100%徹底はされていません。
(言っちゃった・・・・。)



職人さんの腕が上がるよう、私たちも努力していかないといけません。
がんばるぞー!




pagetop