スタッフのこだわり

男前ポストは、つっこみどころ満載!!!

2020年6月1日|カテゴリー「スタッフのこだわり
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

私の大好きな表札メーカー、美濃クラフトさん。
今年度の新しいカタログが届きました。

そして、今年も新商品がおもしろい。

やっちゃってくれてます。





男前表札 伝説の聖剣
5年ほど前から出てきた、男前表札シリーズ、伝説の聖剣をモチーフにした表札です。

こちらのシリーズに、新たに「男前ポスト」なるものが加わりました。



男前ポスト 伝説の盾
『 男前ポスト -伝説の盾- 』



表札とポストは、エクステリアにおいて門まわりを飾る重要なアイテムであり、
セットになることが多いもの。

そのセットを、聖剣と盾のセットで持ってきたところは、さすが美濃クラフトさんといったところ。

シャレがきいています。


けど、そのシャレが、大丈夫なの?と思うところも・・・・・。






男前ポスト 伝説の盾 宝玉
盾の中央に、宝玉(ガラス玉)が。

これ、

「邪悪な魔法を吸収し跳ね返す 宝玉(ガラス玉)が埋め込んであります。」と書いてある。



「邪悪な魔法を吸収し跳ね返す」という部分、過剰広告に引っかかりませんか?

まあ、本気にする人はいないと思いますが・・・。


さらに、


男前ポストサイズ感
「自身に装備した場合の大きさはこのくらいです。」

と書いてある。


スケール感大事ですもんね。
通販、ネットで購入したものが届いたとき、「ちいさっ!」と思うことはよくありますもんね。


けど、実際「自身に装備する」ことないでしょ。


さらにさらに、


男前ポスト注意点
フタが重いらしい・・・・・。

そりゃ盾そのものがフタについていますからね。

「お子様が開けられる際は勇者様が手伝ってください。」と丁寧に断り書きが書いてあります。


いいですね。この優しさ。



こんなおもしろいポストですが、金額はいくらなの?と思いますよね。


金額は、↓↓↓



男前ポスト金額 いのちを救う価格
149,000円(税抜)


なるほどなお値段です。


高いと思いますが、金額の前に「いのちを救う価格」と書いてある。
なるほどーーー、いのちを救うならしょうがないか。


ん!?  「い」と「救う」に点々が打ってある。

「い」「す」「く」    →   1 4 9   →   149,000円


金額もシャレですかーい!





こんな感じで、男前シリーズ、もう5年くらいやってます。

すごいですね。美濃クラフトさん。

私もいつか、この男前シリーズを使って、お客様のエクステリアをコーディネートしてみたい。



こんな感じに、


勇者たちのお宅





ちなみに、男前表札、伝説の聖剣は、

金額156,000円です。



男前表札金額 イチコロ価格

「どんな魔物もイチコロ価格」です。



やりますね。美濃クラフトさん。


このシャレ心、私大好きです。


プレゼンボード部門 奨励賞をいただきました。

2020年5月19日|カテゴリー「スタッフのこだわり
こんにちは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

今年1月に開催されました、RIKパースコンテストの結果が発表されました。

RIKってなに?と思われる方もいらっしゃるかと思います。

RIKは、私たちが普段使っているCADソフトの会社さん。

私たちは、お客様へ提案する図面は、こちらのRIK CADを使って作成しています。



そのRIKパースコンテストで、プレゼンボード部門『奨励賞』をいただくことができました。





プレゼンボード奨励賞
左側が、私の作品です。


実際のお客様へのプレゼン図面に少し手を加えたものです。


審査員の先生からも講評をいただきました。

 建築の白い壁と青い空と白い雲、まさに「清々しい」という爽やかななプレゼンボードです。
ファサードのパースアングルも良く、長いアプローチを短く感じさせるようなさまざまな仕掛けも効果的です。
コメント内容をもう少し簡潔に纏めたり、どの部位のコメントなのか、
プレゼンとして分かりやすい工夫があれば更に良くなります。
(藤山 宏)


長くRIKCADを使っていますが、正直テクニック、裏ワザの類いは、ほとんど使っていません。というか、知りません。

機能をもっと掘り下げていくと、技術もレベルもあがるのでしょうけれど、
どちらかと言うと、エクステリアのプランのほうに興味があって、
CADのテクニックそのものに興味があるわけではないので、技術は上がっていかないんでしょうね。


なので、プラン力も含めた、「プレゼンボード部門」に応募したんですけどね。




受賞した作品を見ていくと、

技術、レベルの高さのみならず、
どんなコマンドを使えばこんな表現ができるのか。と感心されられるものばかりです。

興味ある方はクリック ↓↓↓


興味ある方、というより、みんなに見てもらいたい。

技術の進歩はすごくて、今こんな表現がCADでできてしまう。

CADという領域から飛び出して、もう絵画、写真に近いところまできています。


私がCADを触るようになって10年1.5ヶ月

ずいぶん進化しました。すげえ。


自分のレベルアップのため、また今年1年がんばって、次もチャレンジしていきます。


高木常緑樹のロドレイヤを植えました

2020年4月22日|カテゴリー「スタッフのこだわり
こんにちは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

大川のM様邸にて、常緑樹のロドレイヤを植えました。




ロドレイヤ
「常緑樹」といって、一年中葉っぱをつけるタイプの植木です。

私の勉強不足もあるのでしょうけれど、
常緑樹の高木は、なかなか樹形のいいものがなくてですね。



小ぶりの葉っぱで、細身の樹形のものが好きなのですが、

シマトネリコは成長が早い、

ハイノキはここ福岡では根付きにくい、

ソヨゴは病気になりやすい、



と、それぞれに気になる点はあります。
それでも、シマトネリコを植える割合は多いですね。



大川のM様邸では、この「ロドレイヤ」を植えました。

割と成長が遅く、丈夫で、赤い花もつけます。


もうちょっと細身がよかったですが、
ドッシリとしていて、これはこれで立ち姿が絵になっています。


ロドレイヤについてもまだまだ勉強しないといけませんが、

マイブームになりそうです。




only one clubの表札がかっこいい

2020年4月20日|カテゴリー「スタッフのこだわり
こんにちは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

エクステリア商品を取り扱っている、
only one clubの新しいカタログができました。

年々厚ーーーくなっているカタログですが、今年は、表札だけ抜粋した薄ーーーいカタログができました。

見やすいし、軽い。




onlyone-name-plateカタログ
「この中から選んでください。」と預けることができますもんね。




毎年、新商品が出ているのですが、
今年気になった商品はこちら。



まずひとつ目が  

シェルム


シェルム ブラック
シェルム (ブラック)



シェルム ホワイト
シェルム (ホワイト)



つみき、ブロックのような形状がポップでモダン。



シェルム キャッチコピー
コピーは、
「切り出したパーツを組み合わせた デザインは、まるでパズル。」


正方形から切り取ったパーツを、貼り付けるようにして、一文字、一文字を作っています。

うまいなあ。

シンプルだけれど、よく考えられてるデザインは、惚れ惚れしますね。



次に

サイファー


サイファー ブラック
サイファー (ブラック)



サイファー 施工例
施工例


「文字」というより、「図形」近い。


文字と図形の中間の「ロゴ」といったところでしょうか。


シンプルな2色のプレートを組み合わせてできたもの


ひとつひとつ見ると「文字」に見えないものが、
並ぶことで、文字に見え、表札に見えてくる。

これもまたよく考えられています。



サイファー
表札として使うだけでなく、インテリアに飾りたくなる、雑貨のようなネームプレート。




最後に、


グロッソ


グロッソ
グロッソ ヘアライン
面と断面(側面)の組み合わせで作る、美しいデザイン

この立体感がいいですね。




3つご紹介したそれぞれに、デザイナーのこだわりが出ているように思います。
感心させられる。

紹介した3種の表札、かっこいいんですけど、いいことばかりではありません。



ひとつ、お値段が高めであること、

ふたつ、文字数の多い苗字の人は金額がさらに高くなること、(一文字◯◯円と決まっています。)

みっつ、一文字一文字取り付けていくため、工事が難しく、結果、工事代が割高になること、


があげられます。




金額高くなるけど、お客様に提案してみたいです。

表札を考えられている方、
only one clubの表札を一度検討されてみませんか?


目地の切り方を工夫する

2020年3月28日|カテゴリー「スタッフのこだわり
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

今週は、お客様との打ち合わせやプランニングではなく、図面作成で忙しかったな。
お客様との打ち合わせやプランニングに時間を使いたところですが、
図面作成も仕事の一部、やらないわけにはいきません。

プランニングは週末に1件取り掛かることができました。
(あ!水曜にもしたか。)


境界ブロックとフェンス、あと駐車場のコンクリート打ちと表札・ポスト という、シンプルな外構のプランです。


シンプルといえど、ありきたりなプランではなく、
「どこかキラリと光るものを作りたい」

というのが、プランナーである中村穂高のこだわりです。


駐車場の目地のデザインも、直線でバンバンバンと切っていけば楽なのですが、
おもしろいデザイン、かっこいいデザインとなるよう、知恵を絞ります。


「駐車場の目地のデザイン」 と言っても、専門用語ですので、みなさんわかられないと思います。

駐車場はコンクリートにすることが多いのですが、
このコンクリート、実は、「気温で膨張収縮」をするのです。

夏の暑いときには膨張し、冬の寒いときには収縮します。

この膨張する力を逃がすために、「目地」を入れます。

「目地」の代表的なものは、タマリュウと呼ばれる植物だったり、砂利を敷き詰めたものだったり。


みなさん一度は、目にしたことあるはずです。






「目地の切り方」のプランをいくつか紹介します。





目地の切り方 砂利とタマリュウ
目地の切り方
目地の切り方
目地の切り方
見てわかる通り、最近の傾向としては、横長の長方形で作ったものが多いですね。


あと、こだわっているのは、駐車場とアプローチをバスッと分断しないようにすること。

駐車場の目地切りのデザインが、そのままアプローチの目地切りのデザインになるようにすること。
車を降りて、駐車場から自然にアプローチへ向かうようにすること。



言うのは簡単ですが、
ササッとはできません。毎回苦心しています。



今日プランしたものは、来週図面に起こします。


きっと、お客様に喜んでもらえるはず。
楽しみです。
pagetop