スタッフのこだわり

常に意識していること。「建物に合わせる」

2019年5月22日|カテゴリー「スタッフのこだわり
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。


空が青い
空の青さが濃く、まぶしくなってきました。

夏ですね。
私の一番好きな季節です。

暑いし、汗かくし、で嫌いな人も多いでしょうけれど、
エネルギッシュなこの季節が私は大好きです。


コンクリートといった左官仕事も早く乾くようになるので、
外構工事も進みやすくなりますしね。



八女市の住宅屋さん、クラフトワンさんからモデルの外構工事の依頼をいただきました。

シンプルな建物にあわせて、シンプルな外構工事をご希望でしたので、
ご提案させていただきました。




建物に合わせた外構
建物は屋根が片流れ、1階部分の東面は、玄関扉だけで窓は一切ないという建物。
この窓がいっさいない大壁を背景に植栽を際立たせたい、ということでした。

そこで、門柱は建物のデザインをヒントにした形にしました。


建物に合わせた外構
2枚の壁を重ねたようなデザイン。


背の高いほうは、片流れになるよう斜めにカット。
背の低いほうは、天端はフラットにし、立体感が出るように少し前に出しました。


業界では、建築とエクステリアの融合が盛んに言われています。

この門柱は、「融合」というには、おこがましいかもしれませんが、建築に寄り添うことは常に意識しています。


来週前半まではかかる予定です。

はやく完成しないかな。
植木を入れて、ライトアップした絵を早く見たいです。


only one展示会の おまけ

2019年5月17日|カテゴリー「スタッフのこだわり
only one商品展示会にいってきました。

そのおまけでといいますか、「情報交換会」なるものがありました。

昨年のアイデアコンテスト、デザインコンテストで受賞した人たちと、
only one clubの幹部の方たちとの意見交流会。




only one clubのスタッフの方の司会で、今回の展示会や、商品や、カタログの作り方、
またまた、業界の動向など、

参加者それぞれの立場で、それぞれの意見を交換させていただきました。



その話しの中身について詳しくは書きませんが、

参加者の顔ぶれのすごいこと。

雑誌でよくお顔を拝見するデザイナー、
この業界の常識を覆す経営手法で全国でも有名な会社のプランナー、
北海道の地で個人で活動されていてアイデアコンテスト3連覇のデザイナー、
only one clubのブレーンを務めるガーデナー、

集まった人たちの顔ぶれはすごいものでした。

そんな人たちの頭の中を垣間見ることができた、「情報交換会」はおもしろかったです。







その情報交換会のあとの懇親会でも、

プランニング力を上げるためにしていること、
プランニングの裏技、
業界の裏話、
業界が抱えている悩みをトップランナーのみなさんも抱えていること など、


普段聞くことができない話しを聞くことができました。



往復の時間も合わせ、1日半業務から離れることになってしまいましたが、その価値は十分ありました。


私もまだまだ ”高み”を目指して励んでいきます。



がんばんべー!!!

only one表彰式にて。

2019年5月11日|カテゴリー「スタッフのこだわり
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

GW前の話になりますが、only oneさんのアイデアコンテストの表彰式に行ってきました。

先日、チョロっとだけ書きました。


施工現場のデザインを競う、デザインコンテスト、写真コンテストは多いのですが、
現在、商品として存在していない、こんな商品あったらいいな。的なアイデアを競うコンペは、エクステリア業界では、
多くはないです。

(建築の世界では数多くあって、学生時代は、年に数回、応募していました。研究室で半ば強制的にですが・・・・。)


新商品の元ともなりうる、アイデアコンテストで全国銅賞をいただくことができました。

やったー!!!

しかも、2作品。

銅賞✕2つ です。


onlyone表彰式01
写真では、会場の広さは伝わりませんが、only one clubの事業方針発表会の一部として表彰されたので、
大勢の前での表彰。
なかなかないことです。


onlyone表彰式02
審査委員長を務められた、エクステリア業界の重鎮、古橋先生といっしょに。

ものっすごく緊張しました。

この写真撮影のあと、一言話すことに・・・・。



同じ受賞者の人たちとステージにあがる前に、
「スピーチ考えてない。」「一言二言しかしゃべれない。」「何しゃべればいいかわからない。」

と話して安心していたのに、

みなさんいざ話し出すと、流暢に、しかもけっこう長く、スピーチしてました。

それを横で聞きながら、
「いやいやいやいや。考えてないって言ってたのに・・・・。」

金賞、銀賞と順にきて、最後に銅賞の私。

ガッチガチで、まとまらない話になってしまいました。
(一応、アイデアが生まれた経緯みたいなものをスピーチ)


スピーチの中身も、金賞、銀賞のみなさんには敵いませんでした。



なんとかスピーチを終え最後に記念撮影。
onlyone表彰式03
アイデアコンテスト、デザインコンテストの両受賞者、と審査員の先生たちとパチリ。


ここからはリラックスできました。





その後、
記念講演で、
経済ジャーナリストの須田慎一郎氏の講演も聞くことができました。


専門は「経済」のようなので、「建設業」「エクステリア」とは視点が違いましたが、学ぶべきことはありました。

時代を流れが加速していて、新しいトレンドがどんどん生まれている。
その時代の変化を捉えてプランや提案の中に反映させる。

そんな内容でした。



内容はそんなとこですが、これを実践するのは難しいと思います。
ひらめいて、パターン化されるとそうでもないのかな?


その後の懇親会でも、
サプライヤーと呼ばれる、商品を実際作っているメーカーさんとの話しもおもしろかったです。


「もの作り」という点では同じかもしれませんが、

視点がずいぶん、違うように思いました。

企画品か、完全オリジナル品か、の違いでしょうか?????







楽しく学びのある一日でした。


このたび、審査をしていただいた古橋先生を初めとするスタッフ関係者のみなさま、only one関係者のみなさまに、
心から感謝申し上げます。

ありがとうございました。


今年も秋にアイデアコンテストがあるようなので、
また狙っていきます。

2019年 GW休みのお知らせ

2019年4月30日|カテゴリー「スタッフのこだわり
こんにちは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

以前お伝えしておりますが、e-garden(いーがーでん)では、GWの間、お休みをいただきます。

期間は、

5月1日(水) ~ 5月6日(木)  6日間


休みのあいだ、
現在進行形で、工事が進んでいるお客様には、ご迷惑をおかけしますが、
何卒、よろしくお願い致します。

各現場、部材、商品の養生、職人の道具については一時引き上げするよう、スタッフには伝えています。



休みのあいだ、緊急でお困りことございましたら、

(0942)34-8970      までお電話ください。


私の携帯に転送されます。

取れない場合は、折返しご連絡いたします。
何卒よろしくお願い致します。

ヒューケラ カラーリーフが楽しい

2019年4月27日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

今日は、完成間近の現場の植栽の植え込みでした。


植栽の植え込み作業は、外構工事の中でも最も楽しい工程です。
私も自ら配植していきます。


昔からなのですが、色を多様するのは苦手としている私。
花も開花時期や、花の大きさ、緑とのバランスなど、考慮しながら植えるのは得意としていません。

こういうのは、今泉や樋口が得意としている分野、女性のセンスには正直敵いません。


しかーし、あえてそこにチャレンジ。

今回は、カラーリーフのヒューケラを使って、植え込みを見栄えよくなるようチャレンジしてみました。



まずは、並べてみます。


ヒューケラ01
ヒューケラもいろいろあってですね。

ヒューケラ ボジョレー
ヒューケラ ゴーギャン
ヒューケラ シルバーダラー
ヒューケラ ピスタチオ
ヒューケラ タークシークレット
ヒューケラ カツサンドラ


今回はこの6種でした。

「カツサンドラ」がどうも「カツサンド」に見えるんですよね。
わかっているのに・・・・。 どんだけ食いしん坊やねん。


これらをバランスよく配植していきます。



ヒューケラ02
色とボリューム、高さを考えながら、組み合わせていきます。


配植が終わったら、実際の植え込みは、植栽のNさんにバトンパス。



ヒューケラ03
今の季節、ヒメウツギの白い花がきれい。


そして、ヒューケラが目立たない・・・・・・。




今は、ヒメウツギが主役です。

ヒメウツギの花が終わったら、ヒューケラのカラーリーフも着目されるはず。

きっと。
かならず。
そう信じてます。




植え込み作業はほんとに楽しい。

こうして、現場に色がついていく様は楽しいです。

完成まであとわずか。

現場でがんばってくれている左官さん、残りよろしくお願い致します。
植え込みしてくれた、Nさんありがとうございました。

pagetop