お庭なおしゃべりブログ

今日は2件の駐車場リフォームのご依頼をいただきました。

2020年7月30日|カテゴリー「スタッフが日々考えていること
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

e-garden(いーがーでん)では、新築外構よりも、リフォーム工事のほうがわりとご依頼が多いです。

今日は2組のお客様から、新規でお問い合わせをいただきました。
そして、その2組とも駐車場のリフォーム工事。


1つは、カーポート設置に伴う、駐車場の拡張、コンクリート打設。

2つめは、既存のお庭をリフォームして、2台分の駐車場に変えるというもの。



両方とも現地確認が今からですので、詳細が不明でざっくりな内容です。




リフォームは、今あるものにあわせて作る必要があり、プランの難しさ、丁寧な現地確認が求められます。

言うほど簡単じゃないんですよね。


本日ご依頼いただきました、2組のお客様、お問い合わせいただきありがとうございます。



e-garden(いーがーでん)では、新築外構だけでなく、外構のリフォーム、お庭のリフォームも承っております。

こういう工事をしてもらえるのかな?というものございましたら、
遠慮なく、お問い合わせください。





当社で行った、駐車場拡張の施工事例はこちらよりご覧ください。



完璧とは・・・

2020年7月29日|カテゴリー「スタッフが日々考えていること
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

是永がデザインについて書いていたので、私も便乗。


e-gardenでは、ここ2年くらいでしょうか、印刷物、広告物のたぐいをカンバというアプリを使っています。

カンバで作成したものをPCにダウンロードするときに、
世界のデザイナーさんの名言が表示されるようになっています。


「おっ!」と目につくものが多く、刺激を受けることがあります。


その中でも、特に印象に残ったもの。


完璧とは


完璧とは、付け加えるものが何もないことではなく、
取り除くものが何もない
ということである。

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ




どうですか?ぐっときません?



「腕を磨く」 の『磨く』には、無駄なものを削って本来あるものを輝かせる という意味を持っています。


無駄なもの、余計なものを、削って省いて、取り除いて、
よりシンプルに、より明確にすることです。


これはビジネスにも言えるんだよな。


ひとつのことに集中して、余計なことはしないで、

その集中したものを
数をこなして、経験積んで、お客様をより多く喜ばすことができた人が、
本当に強い人なんだよな。




まだまだその領域には達していませんが、上を目指して日々がんばっています。





ちなみに、

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ 氏は、

「星の王子さま」の作者です。

三協アルミ ワンダーエクステリアデザインコンテスト パース部門 入選(是永)

2020年7月24日|カテゴリー「受賞歴
2ea86dcb1eb8a6ff031cf0c66b426d60
三協アルミ
ワンダーエクステリアデザインコンテスト
パース部門
入選

プランナー:是永七瀬
3f55a4809ee736031bf967d376602b08
・プランナーから一言

『モダン』と『ナチュラル』2つの要素を取り入れたセミクローズ外構です。
建物との調和を意識した配色で、落ち着いた雰囲気にしました。

植栽を多くし施し、四季折々の風景を楽しむことができます。

デザイン力をあげるために。

2020年7月24日|カテゴリー「スタッフが日々考えていること
こんにちは。
久留米市のお庭屋さん「e-garden」のコレナガです。

最近社内でデザイン力の向上を図るために
社内コンペを行っております。

プラン例にも近々過去の作品を上げていく予定です!

で、少しではありますがご紹介します!

d257782a799353987bb1df6ba6e83e68

91aee2001f6aeeb736d1a7ed941f6ce7

e00dffee897f87a553e1550e738fec01
30b124c222f7ff086b89d85915027bc03


毎回、コンペのお題が違います。
上記の写真は左から『坪庭』『ガーデンルーム』『門袖壁』『駐車場』
です。

他のスタッフもいろいろなデザインを作っていますので
ぜひプラン例を見て今後のお庭づくりの参考にされてみてください☺


ちなみにですが、上には写真を載せませんが
『アプローチ』というお題のコンペもありました。

コチラもプラン例にアップしますので是非ご覧になられてくださいね♪


一度ご縁をいただいたお客様を大切にする

2020年7月24日|カテゴリー「スタッフが日々考えていること
こんにちは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

当社で頑張って取り組んでいることのひとつに、

『一度ご縁をいただいたお客様を大切にする』

というものがあります。

細かく行動内容を決めているわけではありませんが、

外構工事、お庭の工事が終わって、「はいお終い」ではなく、

高いお金をお支払いいただき、工事をご依頼いただいたので、
アフターまで含め末永くお付き合いしていきたいという考えからです。



おかげさまで、植木の剪定を毎年のようにご依頼いただくお客様もいらっしゃいますし、
追加工事やちょっとしたリフォームのご依頼、
また、お知り合い、ご友人様をご紹介していただくこともあります。


先週、今週も、外構工事をさせていただいたお客様よりお困りごとのお電話があり、いってきました。

1件は、駐車場の砂利目地の砂利が散らばるので、どうにかしたい というもの。

もう1件は、カーポートの屋根と玄関の上にかけた屋根のすきまから雨が入ってくるので、どうにかしたい というもの。




当時は、このプランがベストだろうと思って提案するのですが、思惑がはずれることもあります。
なかなか難しいです。



お客様からは、使ってみないとわからないですよねえ。とやさしく言ってもらえるのですが、

プランナーとしては、申し訳ない気持ちになります。



私たちは、プロという立場でご提案させてもらっていますが、
実際のところ、多くのお客様に育ててもらっています。




そのような意味でも、一度工事をさせていただいたお客様のところに行き、
実際に使ってみたあとの感想を聞くことは勉強になります。


さらにスキルアップできるようがんばっていきます。

工事をさせていただいたお客様、言いにくいことでも遠慮せずに指摘して欲しいです。
責任持って、しっかりと対応させていただきます。




pagetop