お庭なおしゃべりブログ

和風庭園をリフォームします

2021年10月12日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。




自撮り 中村穂高
10月になったとはいえ、昼間はまだまだ暑いですね。






毎年植木の剪定をご依頼いただいているお客様から、ご実家のお庭の相談をいただきました。

現地確認にお伺いすると、純「和風」のお庭。


和風好きな私としては、生唾もの。

灯籠、蹲、飛び石、モミジ、マキ


和風の要素が詰め込まれた素晴らしい庭園。





織部灯篭
織部灯篭(※イメージです。お客様のお庭の写真ではありません。)
雪見灯籠
雪見灯籠(※イメージです。お客様のお庭の写真ではありません。)









そんな素敵な庭園ですが、

お手入れを楽にするために、もう少し小さく簡素化したい ということでした。

ご両親が他界し、
しょっちゅうしょっちゅう手をいれることができない、
これだけの庭園を維持するのは体力的にもきつい    とのことでした。



確かに、庭園の植木は、仕立てられていて、その場所に合うように形が整えられています。

単純に小さくすっきりとさせる剪定のようにはいきません。
手もかかります。



お客様はきれいさっぱり!というふうにおっしゃられていましたが、

今あるもので使えそうなものはできるだけ使うようなプランにしたいと計画中。


石も捨てるのにお金がかかるし、作るのにもお金がかかります。
それなら、再利用したほうがいい。


うまくまとまるよう、ちょいとがんばるとします。

ウッドデッキの床下メッシュ囲い 自分でつけてみました。

2021年10月5日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

8月に工事をさせていただいた久留米市のN様より、追加工事のご依頼をいただきました。


お子さんとお庭で遊んでいると、ウッドデッキの下にボールが入ってしまい、取るのが大変。
ボールが入りこまないように何かできないですか?

というご要望。


おまかせください。

こういう商品がございます。


床下メッシュ囲い
床下メッシュ囲い

メッシュフェンスを、ウッドデッキの束柱に取り付ける というものです。


メッシュフェンスを柱にビスで固定するだけなので、私でもできるだろうと自ら工事することにしました。



床下囲いビフォー
このすきまにボールが入っていくんですね。

奥行きがあまりないウッドデッキでしたら、入ったボールを取るのは楽ですが、
N様のウッドデッキは、奥行き2m以上あるので取るのは大変です。


床下囲いビフォー
ブルーシートを敷いて、開始です。


30分ほどで終わるだろうと思っていたのですが、

意外に時間がかかったあ。


床下囲いアフター
メッシュフェンスをカットするのも、インパクトを使ってビス打ちするのもそう難しい作業ではないのですが、

私を苦しめたのが、デッキ下の作業ということで、作業時の体勢がきつくなること。
床下囲いアフター
目線の高さでまっすぐ見ることができたら、作業が捗るのでしょうけれど、
かがんで、頭を斜めにして作業というのは思うようにいかない。


床下囲いアフター階段形状に合わせて
階段の裏側とか、とくに狭くなっているし。


職人さんの仕事を甘く見てたね。

簡単にできるように思っても、きれいに仕事をしようと思うと、意外に時間がかかる。

これからはもっと職人さんに感謝とねぎらいの気持ちを持って接しよう と反省。



誕生日に遊園地の絵をもらいました。それが、すごい!

2021年10月2日|カテゴリー「スタッフのプライベートな一日
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

先月で、私、44歳になりました。

誕生日のその日は、家族から「あ、おめでとう」 みたいにあっさりとした言葉に、

かりぃーなー。と少々残念に思っていたのですが、

後日、日曜日に盛大に祝ってもらいました。
楽しかったし、夕食はごちそうでおなかいっぱい。いい誕生日会でした。



末っ子からは、手書きの絵をプレゼントしてもらいました。


遊園地に行ってる絵。


7c042bafdf1a7364c3569d215e89f822
まあ、小学2年生の画力なんてこんなもんです。


絵のうまい下手は、大きな問題ではないのです。
そう大きな問題ではありません。



問題なのは、
遊園地の名前、



「ビジネスランド」って書いてある。


5c3c4b4a3f3b3a829aad54f46ab1e3d2
どんな遊園地?


休日気分を味わえない、遊園地じゃないかーい

フリーパスチケットは名刺だったりするんかいな。
絶叫系は、クレーマー対応だったり。
いやそれより、

よく「ビジネス」って言葉知ってたな。


ビジネスの意味までわかって使っていたのなら、
うちの末っ子、マジで天才。
ブラックジョークのセンスあるわ。




ま、たまたまですかねえ。


今日は、お仕事の話でなくてすみませーん。


今年は葉を落とすのが早すぎる!  気がします。

2021年10月1日|カテゴリー「スタッフが日々考えていること
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

先日の日曜日は、自宅の植木の剪定、草取りをがんばりました。


ちょっと夏の間さぼっていたために、草なんかは伸び放題となっていましたが、すっきりしました。

もう少し剪定が残っているので、今度の日曜日にでもする予定です。



で、剪定していて気づいたことが・・・・・。


夏の暑さの影響?台風の影響?

ヤマボウシの葉が紅葉する前に落ちている。

となりのアブラチャンの木も葉が落ちてる。

紅葉がきれいなメグスリノキも。



イロハモミジやコハウチワカエデはしっかりと葉はついているけど。

西日を少なからず受けるところに植えている子たちは、
葉っぱが落ちちゃっているのです。

毎年この時期には、落葉していたかな。
いや、そんなことはない。

これも温暖化の影響でしょうか。







変化が起こることは当然なのですが、問題はその変化のスピードが早すぎること。


その変化のスピードについていけてないのです。
植物も動物も、人間も。



みなさんのところの植木たちはどうですか?

うちばかりではないですよね?

pagetop