フェンスの高さは最大どこまで?

こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

先日、お問い合せの電話がありました。
内容をお聞きすると、

お隣りさんとの境界にフェンスを立てたい。
どのくらいの高さまでできるのか?
境界のブロックがあるので、そこに立てたい。
法的には、どこまで大丈夫なのか?


とご質問をいただきました。



ブロックがあるならと、

ブロックの上に立てられるフェンスの高さは、1.2m まで。
ブロックの高さは、1.2m まで。
ブロックとフェンスの合計は、2.2m まで。

とお答えしました。



ひと通りご説明して電話を切ったあと、
自分が答えたことに間違いがなかったか?不安になったので、再度調べてみました。



フェンス塀
ブロックメーカーさんのカタログに記載されていました。

建築基準法施工令「第4節の2 補強コンクリートブロック造 第62条の8」で」定められてる内容です。

1)連続フェンス塀の高さは、2.2m以下とし、ブロック壁体部分の高さは1.2m以下、
  フェンス部分の高さは、1.2m以下とする。




フェンスの高さ
電話を切ったあと、ちょっと不安になりましたが、   よかったあ。間違ってなかったです。


今の法令では、このように定められています。

ちょっと古い町を歩くと、これにのっとっていないフェンスやブロック塀はありますが、
当時の建築基準法では、セーフだったんでしょうね。



今はできません。


ブロックの上に立てられるフェンスは、最大で地面から、2.2mまでです。
大人の男の人が、手を伸ばした高さくらいですね。


これはあくまで、ブロックの上に立てる場合で、
フェンスを地面から立ち上げる場合は、もっと高くできます。


それについては、明日書きます。


フェンスの高さが気になる方、悩まれている方、参考にされてください。