お庭なおしゃべりブログ

スマートFウォール展示会にいってきました

2020年2月25日|カテゴリー「スタッフイチ押しのアイテム
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

私たちのエクステリア業界では、ここ数年、ブロック塀の耐久性、安全性、強度、が注目されています。


そんな中、見た目がブロック塀に似た、そして軽く安全性も高い商品が開発されています。

その展示会にいってきました。









スマートFウォール
写真では、板塀の下の壁部分は、ブロックで作られた壁に見えます。



スマートFウォール
こちらも表札、ポストのついた門袖壁、よく見る形です。


一見、下地はブロックで作っているんだろうな。と思いますが・・・・。

実は、こちら「発泡スチロール」でできています。




スマートFウォール 下地
素地はこの状態。

断面を見ると・・・、


スマートFウォール 断面
柱を建てて、その柱に発泡パネルをはめ込んでいきます。

見た目ブロック塀ですが、実はフェンスに使い構造。



素材は発泡スチロールですが、

私たちが普段目にする発泡スチロールより、
発泡の割合を小さくしており、通常のものより硬くできています。
(ブロックほど硬くはありませんが、)

硬いけれど基本発泡スチロールなので、ブロックの1/16の重さです。


1/16の重さですよ。

万が一倒れたとしてもケガをするような重さではありません。






と、実に軽く丈夫な商品です。

けど、まだ世に出たばかりの商品で、まだまだ開発の余地がある商品でもありました。

それが、今回だいぶ改良されてるように思えました。




その1つが、

門柱仕様
門柱仕様。

おもしろい点は、ニッチの部分のアーチ。
こういう造作は左官さんの手でつくると手間がかかってしまうところ。

それが簡単に作れるようになっていました。



同じように、


スマートFウォール 下地
下地をこのように作って、



スマートFウォール ニッチ加工
ニッチ部の色を変えたり、タイルを貼ったり、

今までデザインにこったことはできない商品だったのですが、
ここまで進化してました。

まだ、土留として使うことはできないようですが、(強度の問題上)
デザインの自由度はブロックでつくるものより、格段にあがっているように思います。


軽くて安全、工事が容易、工期短縮にもなる。



スマートFウォール  提案の中に入れていきたいですね。


2月なのに春景色♪

2020年2月24日|カテゴリー「スタッフが日々考えていること

こんにちは。
イーガーデンのヒグチです☆

ここ最近暖かい日がずっと続いていますね!
おかげで黄砂や花粉は飛びまくりですがね、、、、、

まだ2月なのに河川敷の土手沿いは菜の花が満開になっており、
すっかり春の景色です。
(先週はじめの雪はなんだったの?)

週末、大阪から兄家族が帰省し、
自称虫博士の7歳甥っ子くん、早速娘たちと近くの公園や川沿いに虫探しに行きました。

菜の花が満開なので、もしや?と思って探してたら、見つけました


IMG_4127
虫、、、ではなく、
そうです。
土筆(つくし)です。
2月にお目にかかかれるとは。。。
本当に今年は暖冬ですね。
IMG_4117
食用できるのは皆さまもご存知ですよね。
そういえば、、、
去年、娘たちが大量に摘んできて、
佃煮を作ったものの、作りすぎてしまい、
食べ過ぎて、胸焼けしたのを覚えています(^^;)

いよいよ植物が活動しはじめる時期になってきましたね。

先週は、昨年台風被害などで枯れてしまったシンボルツリーの植替えを行いました。

昨年9月に外構完成とともに植えたソヨゴ。

その後、猛暑や台風の影響からか、枯れてしまい。。。

結構周りでも同じような症状で、

特に、このソヨゴは何件も枯れてしまう現場が相次ぎました。。。


before
IMG_4110
一部は葉っぱが残っていましたが、
半分以上は枯葉の状態で枝にくっついた状態に(T_T)

同じようにソヨゴを植えても、
また枯れたら・・・
とお客さまのご不安にならないようにと、
horizontal
after
IMG_4111
今回は同じ常緑樹のシラカシを
植樹しました。
無事に成長してくれることを願います!!



昨年に引き続き…

2020年2月20日|カテゴリー「ブログ
こんにちは!
久留米市のお庭屋さん「e-garden」のコレナガです☺

とうとう今年もやってきました!



IMG_3832-e1582173226427

三協アルミの
ワンダーエクステリアデザインコンテスト2020!


先日、中村が三協アルミ ワンダーエクステリアデザインコンテスト2019の授賞式に行ってましたね♪



今年は昨年よりも、もっと良い賞がとれるように頑張ります!


久留米市H様邸 完成しました。

2020年2月20日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

外構工事を進めていました、久留米市のH様邸が本日ようやく完了しました。


前の物件が押して、着工が遅れ、
1月後半の雨で工事が思うように進まず、
私の商品の誤発注で、照明取り付けがストップし、

いろいろあっての本日の完了でした。



今日行った作業は照明の取り付け、



マリンライト
門袖壁の前のマリンライト。

台座に据えないといけないのに、

スパイクタイプのものを間違って発注してしまいました。

スパイクタイプというのは、先がとがっていて、地面に突き刺すタイプのもの。
台座があるところへは取り付けができません。



カタログで見ると、地中に埋る部分のことは、小さくしか書かれていません。
そりゃ見落としちゃうよ。(← 言い訳)



マリンライトの取り付け
据えました。


電気屋さんが作業する横で、ジーーーーっと見ていました。


この仕事について10年以上になりますが、常に勉強です。
今日も電気屋さんに、いろいろ教えてもらいました。

「配線はこうしておいてもらうと助かる。」
「◯◯タイプより、□□タイプがいい。」
「〇〇メーカーがオプションが充実している。」
「こちらのほうがメンテが楽!!!」    などなど、

いやあ、勉強になります。



では、少しですが、H様邸をご紹介。


モダン外構H様邸
正面

オープン外構ですが、
門袖壁まわりを集中して造作し、セミクローズっぽくなりました。


モダン外構アプローチ
最近よく使うデザインパターン。

リズミカルに細かく目地を切ることで、門周に意識が向くように仕掛けたデザインです。

駐車スペースから、アプローチ、そして玄関へと、
パキッと空間が変わるのではなく、自然に変わっていくように、自然なつながりを持つように、工夫しています。





正面から見ると、


モダン外構アプローチ正面
コンクリート洗い出しの先には、表札、ポスト、インターホンがつく門袖壁があります。





壁を2枚使いし、その間を通って、玄関へと向かいます。

2.19modern-mizuma04
これにより、視線の変化、奥行き感の演出、期待感の演出 ができました。




完全に完了したのは今日ですが、
すでに、ご近所から「すてきな外構ですね。」と評判がいいそうです。



もう、その言葉だけで、プランナーにとっては名誉です。






まだ落葉樹が葉っぱをつけておらず、寂しい印象があるのですが、
新緑が出始めたら、改めて写真を撮りたいです。




久留米市のH様、このたびはありがとうございました。

プランもこだわらせていただき、植木も多めに植えさせてもらったこと、
とても感謝しております。ありがとうございました。


なにかありましたら、いつでもお声かけください。
今後ともe-garden(いーがーでん)をよろしくお願い致します。


シンプルモダンな物置。

2020年2月18日|カテゴリー「スタッフイチ押しのアイテム

こんにちは。
イーガーデンのヒグチです☆

昨夜から今朝にかけて、今季初の雪が降りました
ちょこっと積もっていたので、あちこちでミニ雪だるまが飾られていました^^
今季は暖冬なので、雪は降らんだろうと思っていた矢先でしたね。

またしばらくしたら暖かくなりそう。
暖かくなるのはいいんですが、花粉も飛びますからね。。。
私はまだ風邪も完治していないので、ダブルでやられております(T_T)
体が資本ですからね、無理せずに過ごしていきたいものです。



*   *   *   *   *   *  *   *   *   *   *   *



さて、今日は時々お問い合わせをいただく、シンプルモダンな物置をご紹介。
まずは、ディーズガーデンさんのシンプルでおしゃれな物置。
「ディーズシェッド リコ」。



6bc0cf1055e54a7c4bbc926a8d263686
『ディーズシェッド リコ』
ディーズガーデンさんの物置といえば、『カンナ』ですが、この『リコ」は見た目もシンプル。

サイズは 
D70(奥行700mm)タイプ、
D125(奥行1250nn) タイプの2つ。
横幅はともにW1625(mm)、高さはH1795(mm)
c5ce8e046900935dea1b46f2a2bb7f10
このように両開き仕様になっています。
棚は標準で2枚付属されており、追加でつけることも可能です。
木の質感をFRPという素材で、リアルに再現した物置。
お庭のどこに置いても馴染み、存在感抜群な物置です。

そして、こちらもシンプルの定番、
ガルバリウム鋼板でつくられた物置。

イープランさんの「ユーロ物置」です。
8a80762bd57916bb62cf0d24df47754e
シンプルの王道といった外観です。
オーストラリアからの輸入品で、
日本の気候にも合ったつくりとなっています。
取り扱いメーカーは長野県に所在しますが、
全国に配送されています。
床はコンクリートや木製床、砕石敷を選ぶことができます。
5c4eb57c7af0396add41280b3d66cd92
室内の様子。
コンクリート床で仕上がっています。
サイズが豊富なので、
用途にあったサイズを選ぶことができます。

物置はお家が新築し、お引越し後に設置される方が多いです。
それは、住んでみないと外に収納したい荷物が何があるかわからないから。
 
今回ご紹介した物置の他にもいろいろなメーカーさんの物置がありますが、
どの物置に対しても、最初にするべきことが決まっています。

私が物置のご依頼をいただくときには、まず収納したい荷物をリストアップしていただいています。
その方が後々になって、「もう少し大きくすればよかった」などの後悔がなくなるからです。

物置をご検討中の方は、まずは収納品のリストアップから始められてみてくださいね。


pagetop