エクステリア工事現場紹介

車止めの操作方法を確認します。

2021年12月16日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

久留米市の大型物件、大詰めです。


今日は先日取り付けが終わった、車止めの確認。

エクステリア商品には、あまり”動く”ものってないので、取り扱い方法を気にかけることは多くありません。

けど、この車止めは、埋込式で上下に出し入れするので、”動く”商品になります。



kuruma-tome01_R
不具合がないか、動作確認を1本1本行います。


施工場所はクリニックの駐車場も兼ねていることもあり、
第三者が簡単に入ってこれないようにする必要がありました。


そこで、操作するときは、専用のキーが必要になります。




車止め専用キー
チェーンをかけるときには、差し込むだけでカチッとかかるのですが、
はずすときには、この専用キーを使います。


車止め専用キー
このキーを差し込み、90度まわすだけで簡単にチェーンははずれます。


内蔵式なので、
はずれたチェーンは、筒の中に収納されるようにできています。


チェーンを内蔵する
するするっ と中に収めて、



車止めチェーンを内蔵
完全に収納されるとこんな感じ。

チェーンが奥まで入っていって、取れなくなることはありません。
指でピッと取り出せます。


ポールを地面の中に収納するときも、
同じように専用キーを使います。
車止め 地面に収納
地面の中から引き出すと、突起が出てきて中に収納されなくなります。



そこで、
チェーンと同じように、


専用キーを使いま
差し込み回し、突起をくぼませます。

これで、ポール本体を地面の中に収納できるようになります。



頻繁に工事する商品でもないので、触っておかないと、不安になります。


お客様へのお引渡しのときにワタワタしなくてすむよう、事前に確認確認。





久留米市のY様邸の工事は、少し手直し工事が出たので、完成まであと少し。


完成しましたら、またご紹介します。


久留米市の大型工事が着々と進んでおります。

2021年11月26日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

久留米市の大きな工事が着々と進んでおります。

今週は芝張りからのスタート。

今週は月曜、火曜の雨のせいで、思うように作業がすすみませんでしたが、

工程をそこまでずらすことなく、進んでいます。


大型物件
敷地が広いので、写真に納まりきらず、部分部分をご紹介。


車の通る通路部、駐車スペース部には、砂利敷きを、車の乗らないところには、芝を張っています。



リサイクルエッジング
芝と砂利との見切りには、プラスチックの専用部材で区切ります。


この専用部材、リサイクルエッジングといいます。

作業は私も手伝ったのですが、見た目ほど簡単ではなかった。





高木たち
高木たち。



低木
高木の足元には、低木たち。

まだ植えた直後で、足元にボリュームがありませんが、春になったら、ふっくら緑のボリュームがでる予定。

低木が成長したときのことを考え、ボリュームは控えめになるよう植えます。




工事は半分、折返し といったところでしょうか。


まだまだ工事は続きます。

施工事例を更新しました。

2021年11月19日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。


最近ホームページの更新が滞りがちです。
いかんいかんと思いつつ、改善ができないままです。


施工事例のページを更新しました。
(更新したのは私ではありませんが・・・。)


工事は終わっているのに、まだ更新できていないところもあります。

時間作って更新しないとな。


大型物件着工しました。久留米市Y様邸

2021年11月18日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

私達の工事は、戸建て住宅の外構、ガーデン工事が多いのですが、たまーに、「非住宅」と言いますか、
店舗などの工事依頼をいただくことがあります。

今回は、クリニックの駐車場兼フリースペース+植木 という工事のご依頼をいただきました。


戸建て住宅と異なり、
敷地、工事範囲が広かったり、普段使うことのない商品をセレクトしたり、
植木のサイズが大きかったり、工事の順序も違ったり、          と、

何かと初めての経験が多く、勉強させていただいております。

職人さんから「効率が悪い」だの、やんや言われるのですが、
「いやいや、こっちも初めてだし、勝手がわからんのよ。」と声がもれそうです。

いつも一緒に工事をしてもらっている職人さんなので、
こちらの無理難題に文句言いながらも、きちっとやってくれるからですね。
助かっています。


kurume-p-kouji01_R
着工時。

交差点の角地で、かなり目立つ。


久留米の工事
まずは土を削っておおまかな形を作っていきます。

植木を植えるところは、土の入れ替えもしました。


久留米市工事
戸建て住宅ではなかなか植えないような背の高い木を多くセレクトしました。

これらは、私自身が山に足を運んで直接見て選んできたので、
1本1本が、私好みの樹形をしています。

戸建て住宅だったら、それぞれがシンボルツリー、もしくは主役になれそうな、
立ち姿の美しい植木たちばかりです。

が、

主役ばかりでも、おかしいので、他の木を組み合わせたり、高さや向きにメリハリをつけて調整します。

久留米市工事モミジ
このイロハモミジもなびく姿がおもしろい。


この写真は植え込む前で、枝葉をすかす前なので、まだ葉の量が多いのですが、
樹形がなびいているのがわかりますね。


久留米市工事ロドレイヤ
今回の植木たちの主役のロドレイヤ。

常緑樹ですが、葉が密になりにくく、枝葉も細く涼しげです。


このロドレイヤを主役にして、まわりの植木たちを並べていきました。



戸建て住宅だったら、植木工事は、一番最後の工程なのですが、
今回は、割りと早い段階で植えました。
植えるスペースのまわりに構造物ができてしまうと、作業がしづらいとのことで、
左官さんと、植木屋さんをほぼ同時に作業してもらった形になります。

ここも、通常の工事と勝手が違うところ。

左官さんと植木屋さん、二人の地元が同じでよかった。







敷地が広く、写真におさまりきらず、部分的な写真ばかりで、
全体がわかりづらいですよね。

もう少し工事が進んだら、わかるようになるかな。



ウッドデッキの魅力を語る。

2021年11月3日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

本日の2件目のお打ち合わせのS様、
数年前の外構リフォーム工事に続き、駐車場の拡張とお庭のリフォームのご相談です。


エクステリア、ガーデン工事あるある。

「ご主人と奥様の意見が合わない。」


まあ、よくあることですので、驚きません。

ただ、ご主人、奥様、両者の意見を尊重しつつ、まとめなければいけません。


S様のおうちでは、ガーデンリフォーム工事に伴い、
リビング前にウッドデッキが欲しい。というご主人と、
ウッドデッキはいらない。という奥様。



それなりに広さがあるので、決して安い買い物ではありません。

当店としてもそんなにお値引きはできません。


私もウッドデッキの魅力を流暢にお話できればよかったのでしょうけれど、
今回は「聞き役」にまわったような形。

あまりご主人のお役に立てなかったです。


リビングが広がる
↑ LIXIL 樹ら楽ステージ   ~デッキでリビング広がる~


開放感をもたらす
↑ LIXIL 樹ら楽ステージ   ~住まいに開放感をもたらす、もうひとつのリビング~





ウッドデッキと言えばやはり、『リビングの延長』

これにつきます。

あと、ガーデンで何かするとき、室内の空間とつなぐスペース。



抽象的ですね・・・・・。

もっと言葉を勉強せねば。


最終的にはウッドデッキはつけることに・・・・・。


ご主人の意見が通る結果となりました。



工事はまだ先になりますが、せっかく当社を選んでいただきましたので、
できるだけ早く工事に入れるように調整していきます。


とうぞ、よろしくお願い致します。

pagetop