エクステリア工事現場紹介

人工芝の現場をご紹介

2021年10月26日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

先週工事させていただいた、人工芝の工事をご紹介。




人工芝
建物のまわりの部分に人工芝を敷きます。

まずは、土の整地。

平らに均し、
雨水がたまらないようにすること、人工芝にたるみやしわができないようにすること という目的があります。


人工芝
きれいに整地します。


人工芝
土の上にそのまま「人工芝」を貼るわけではなく、その前に、防草ジートを貼ります。


防草シートもその強度や耐候性によってグレードがあります。


e-garden(イーガーデン)では、割とグレードの高い防草シートを標準仕様としています。

よそと比べると割高に感じるかもしれませんが、
「せっかく防草シートを敷いたのに雑草が生えてきた」

お客様にそんな思いをさせないためにも、そこは安心の品質のものをご提供いたします。


人工芝
人工芝
防草シートを敷いたら、人工芝を貼ります。


緑がいい感じです。
3e654dec61c94c76282b4f0c5806360a
私が人工芝をご提案するときに気をつけていることは、

人工芝の貼り方向と、本数。

無駄が出ないよう、工事しやすいよう気をつけています。


それにしても、人工芝の依頼が多くなってきました。

ここ数年で急成長な商品。

このブームはしばらく続きそうですね。

和風庭園をリフォームします

2021年10月12日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。




自撮り 中村穂高
10月になったとはいえ、昼間はまだまだ暑いですね。






毎年植木の剪定をご依頼いただいているお客様から、ご実家のお庭の相談をいただきました。

現地確認にお伺いすると、純「和風」のお庭。


和風好きな私としては、生唾もの。

灯籠、蹲、飛び石、モミジ、マキ


和風の要素が詰め込まれた素晴らしい庭園。





織部灯篭
織部灯篭(※イメージです。お客様のお庭の写真ではありません。)
雪見灯籠
雪見灯籠(※イメージです。お客様のお庭の写真ではありません。)









そんな素敵な庭園ですが、

お手入れを楽にするために、もう少し小さく簡素化したい ということでした。

ご両親が他界し、
しょっちゅうしょっちゅう手をいれることができない、
これだけの庭園を維持するのは体力的にもきつい    とのことでした。



確かに、庭園の植木は、仕立てられていて、その場所に合うように形が整えられています。

単純に小さくすっきりとさせる剪定のようにはいきません。
手もかかります。



お客様はきれいさっぱり!というふうにおっしゃられていましたが、

今あるもので使えそうなものはできるだけ使うようなプランにしたいと計画中。


石も捨てるのにお金がかかるし、作るのにもお金がかかります。
それなら、再利用したほうがいい。


うまくまとまるよう、ちょいとがんばるとします。

ウッドデッキの床下メッシュ囲い 自分でつけてみました。

2021年10月5日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

8月に工事をさせていただいた久留米市のN様より、追加工事のご依頼をいただきました。


お子さんとお庭で遊んでいると、ウッドデッキの下にボールが入ってしまい、取るのが大変。
ボールが入りこまないように何かできないですか?

というご要望。


おまかせください。

こういう商品がございます。


床下メッシュ囲い
床下メッシュ囲い

メッシュフェンスを、ウッドデッキの束柱に取り付ける というものです。


メッシュフェンスを柱にビスで固定するだけなので、私でもできるだろうと自ら工事することにしました。



床下囲いビフォー
このすきまにボールが入っていくんですね。

奥行きがあまりないウッドデッキでしたら、入ったボールを取るのは楽ですが、
N様のウッドデッキは、奥行き2m以上あるので取るのは大変です。


床下囲いビフォー
ブルーシートを敷いて、開始です。


30分ほどで終わるだろうと思っていたのですが、

意外に時間がかかったあ。


床下囲いアフター
メッシュフェンスをカットするのも、インパクトを使ってビス打ちするのもそう難しい作業ではないのですが、

私を苦しめたのが、デッキ下の作業ということで、作業時の体勢がきつくなること。
床下囲いアフター
目線の高さでまっすぐ見ることができたら、作業が捗るのでしょうけれど、
かがんで、頭を斜めにして作業というのは思うようにいかない。


床下囲いアフター階段形状に合わせて
階段の裏側とか、とくに狭くなっているし。


職人さんの仕事を甘く見てたね。

簡単にできるように思っても、きれいに仕事をしようと思うと、意外に時間がかかる。

これからはもっと職人さんに感謝とねぎらいの気持ちを持って接しよう と反省。



雑草対策を兼ねたガーデンリフォーム

2021年9月6日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

久留米市北野町でのガーデン工事がようやく終わりましたので、そのご紹介。


こちらでは、雑草対策をメインにしたリフォームでした。


kitano-town02
こちらはもともと、芝が貼ってありました。

芝をはがすと土が道路に流れてしまうので、土留としてブロックを施工。


kitano-town03
建物まわりは、防草シートを貼り、その後化粧砂利を入れました。


砂利は、「ナチュラルチップ まき砂利」

やさしい黄色の砂利です。
ちょっとお値段、高めですが、せっかくですのでグレードの高い砂利を選んでいただきました。



kitano-town01
門周も、もともとは芝が貼られていました。
こちらも防草シートと砂利の予定でしたが、

家の顔ともいえる門周、少し色をつけたくて、
植木とぐり石で足元を化粧してみました。

仕事が忙しく、またお子さんも小さくて、なかなかお庭のメンテに時間を作れないとのことで、
植栽は、全て成長のゆっくりとしたものを選びました。

もう少しボリュームのあるものがよかったかもしれませんが、
コンパクトにまとまっているので、ヨシです。


琉球石灰岩
景石に使用した石は、琉球石灰岩のぐり石。

オフホワイトのぐり石は、なんにでも相性よさそう。

赤葉のコルジリネともいい感じになっています。


久留米市北野町のS様、このたびはありがとうございました。

当初は、雑草対策のみのご要望でしたが、

「門周だけは色をつけましょう」 という私からの提案を快く承諾していただき、嬉しく思います。


また何かお困りことございましたら、いつでもご連絡ください。


現在、進行中の現場です。雨が続くと工程の調整がたいへん。

2021年8月26日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

お盆休みからの雨が長く続きますね。

ようやく今週から雨があがってきて、工事がいくらか進むようにはなりましたが、
工程の再段取りが大変。
雨の予報でもあとから晴れたり、進まないと思っていた現場が思いのほか進んだり、

ちょいちょい頭がついていきません。




進行中の現場をご紹介します。


まずは、久留米市上津町のN様邸


ヘリンボーン貼り
こちら、ウッドデッキ前のお庭部分をタイルを貼ります。


タイルは名古屋モザイクさんのラスティックウッズⅡ。
木目調のタイルです。

しかもヘリンボーン貼り。

ジグザグ、ジグザグ  しています。


高級感が半端ない!

でも、中途半端な状態で、お盆休暇に入ってしまったのが残念。

早く続きを段取りせねば。


またこちらは、

樹脂フェンスの工事も。

樹脂フェンス
お隣さんとの敷地の間に、背の高い樹脂フェンスを工事しました。

詳細はまた今度。


小郡市新築外構
こちらは、小郡市で進行中の外構工事。

砂利敷きだった駐車場をコンクリートにする工事です。

工事内容はいたってシンプルなので、早く終るかと思いきや、雨のせいでなかなか思うようにいきません。

今週いっきに進めたい。


防草シート350
こちらは、久留米市北野町、雑草対策で防草シートを敷きました。


防草シートは雨の日でも、工事ができなくはないのですが、
雨の日の作業となると、

下地の土がぬかるんでデコボコになりやすいのと、
作業員のテンションが下がること(今回、自ら作業してつよーーーく実感)、

この2点を考慮するとおすすめはできません。

やはり雨がふらないときに作業をするのがいいのです。



それぞれ、工事が完成しましたら、
改めてご紹介いたします。


もうゴールは見えているので、来週あたり、それぞれ完成し、ご紹介できる予定です。


pagetop