お庭なおしゃべりブログ

きっといいことある予感

2021年3月2日|カテゴリー「スタッフのプライベートな一日
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

天気が不安定ですね。

朝から、職人さんと一悶着ありました。

私:雨があがったから、現場に入れるでしょ。

職人さん:昨日の時点で、雨の予報だったから、雨でも作業ができる現場に行くことにした。もうそっちに着いてる。
なかむらさんには、昨日、雨だから現場をあけるって伝えましたよ。

私:・・・・・・・・。



なかなかうまくいかないもんです。

職人さんは、少しでも多く現場を進めたいからですね。
事情も気持ちもわかるのですが、こちらの現場も早く進めて欲しい。

これは、天気予報が100%当たるようにならないと、解決しなさそうです。



そんなこんなで、
ちょっともやもやした気持ちで、会社に出てきたら、



きっといいやつ
ひさびさに虹を見た。

しかもおっきくない?


ちょっと癒やされます。




きっといいやつ ムラサキサキゴケ
プランターで育てているムラサキサギゴケも花が増えていました。


葉の緑も少し濃くなったような気がします。

色づいてきましたね。春ですね。



雪で葉が傷んでいた、リシマキアヌンムラレアオーレアも少し回復してきたご様子。

いい感じ、いい感じ です。


ガーデン工事の写真撮影

2021年2月23日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

昨年年末に工事をさせていただいた久留米市T様邸の完成写真撮影にいってきました。


ここ何日かは、2月?と思うほど晴れた日は暖かく、光の量が多いので、写真を撮るには実にいい感じです。



お庭の舗装デザイン
T様のご要望は、雑草対策を兼ねて、お庭をコンクリートで固めたい。
けれど、リビングから見える部分はおしゃれにしたい。

というものでした。



そこで、基本は土間コンクリートですが、アクセントにレンガや石材でデザインしてみました。


舗装デザイン 乱形石とレンガ
直線的なデザインの中に、色味でやさしさを出しました。


この形に至るまで、曲線的なデザインも作ってみたのですが、
最終的に、初回提案のこの形になりました。
(乱形石の広さが少し変わりはしましたが。)



実は、T様からは3回目の工事のご依頼でした。

1回目はタイルテラス。

2色使いのタイルテラス
2色使いのタイルテラスです。


ちょうどこの工事の前に、タイルの階段で「段差が分かりづらい」と相談を受けたことがありました。

そこでこちらでは、タイルの色を1段目と2段目で変えてみました。

2色とはいえ、近い色にしているので、派手過ぎず、いい感じになったと思っています。




その後、2回目の工事が、こちら、


d994beb2d8ea9b54825a786286e9ad4f
レンガと疑似枕木のベンチと花壇。



ただのレンガの花壇というのも、フツーすぎるので、
小さな角柱とベンチを組み合わせました。


ちょっとオシャレでしょ。




工事の全貌は、近日中に施工事例にてご紹介します。




久留米市のT様、このたびはありがとうございました。
手直しもあり、予定より工期が延びてしまいましたが、無事にお引渡しができてよかったです。


また何かありましたら、当社までご相談ください。

ユニック車を使って、砂利を高台へあげます。

2021年2月17日|カテゴリー「エクステリア工事現場紹介
こんばんは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

建物は「坪単価◯◯万円」と謳っている、ハウスメーカーさん、工務店さんあるのですが、
私たちの外構の仕事は、「坪単価いくら」と謳いにくいです。

その理由はいくつかあるのですが、そのひとつに土地の高低差によるものがあります。


工事車両が、

工事作業をする場所に入れることができるのか。
入れることができなくても寄せることができるのか。
寄せることができず、作業を全て人力でしないといけないのか。

このことで、例え同じ工事内容、同じ広さだっとしても、工事金額が変わってくることになるのです。


今週工事に入った、K様のところでは、

堀車庫があり、階段を20段ほどあがったところが工事の範囲でした。

そこで、ユニック車を使って、工事に必要な材料をあげます。


高台砂利入れ
防草シートの上に敷き詰める砂利を上にあげます。

まず、布モッコを敷き、その上に砂利をダンプ(落と)します。


布モッコ
布モッコをユニック車で吊り上げて高台の上の土地へと運びます。



なんで、「モッコ」って言うのか?ちょっと気になる。


ユニック車で吊りあげる
おおおおお、高い高い。

今回電柱、電線が干渉しないところにあったから、ユニック車を使うことができたのですが、
もし、ユニック車すら使うことができなかったら、と思うと・・・・・。

人力で砂利を持って階段を登らないといけないので、
そりゃあまあ、大変。
職人さんから、ブーブー言われます。





文明の利器に感謝。

そして、
ピラミッド作った人は大変だったろうな。


で、上げた砂利をどうしたかと言うと。



建物の裏側の雑草対策に使用。
表土すき取り
まずは、草を取り除き、

さらに、水勾配が取れるように更に土を削ります。




グリーンビスタ240
防草シートを敷きます。

防草シートは、グリーンビスタ強力防草シート240




砂利入れ
砂利を敷きつめて終わり。


これで、草とりの手間はだいぶ楽になります。




砂利を一輪車で簡単に運べるところなら、何の問題もないのですが、

こちらのように、ユニック車を使って材料を上げる必要のあるところは、工事金額が加算されてしまいます。


お客様には金額があがるので申し訳ないのですが、こういった事情があるのです。

どうぞ、ご理解・ご了承ください。


LIXILさんの樹脂デッキ デッキDS

2021年2月10日|カテゴリー「スタッフイチ押しのアイテム
こんにちは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

先日、LIXILさんが商品のPRにいらっしゃいました。

商品は、樹脂デッキの新商品「デッキDS」。


LIXILさん、樹脂デッキは、すでに「樹ら楽ステージ」と「レストステージ」そして、「樹ら楽ステージ木彫」と3種の商品をお持ちなのですが、
このたび、『デッキDS』という商品を新たに出されました。



デッキDS
従来の商品より、高級志向の仕様となっています。

従来品が表面の色が単色なのに対し、
デッキDSでは、表面に色ムラをつくり、表面を削ることで、
より本物の「木」に近い表情が出せるようになっているとのことです。


デッキDS 極みヴィンテージ仕上げ
どうですか?

単色に見えるので、アングルを変えてみましょう。


デッキDSヴィンテージ
少し色ムラがついているのがわかりますね。

特殊なサンディング加工で、表面に不均一な溝があり、それにより光の反射具合が変わり、
より本物感が出るようになっています。


けど、従来品と見比べないとわからないですよね。



では、従来品とアップで見比べてみましょう。

まずは、「樹ら楽ステージ」

樹ら楽ステージノーマル
もっともポピュラーな商品です。


こちらをベースに考えてください。


そして、「樹ら楽ステージ 木彫」


樹ら楽ステージ木彫
溝がバッチリあります。

こちらの樹ら楽ステージ木彫が出たときは、この溝をランダムにすることで、色味が変わって見える とアピールされてました。

断面を見てみると、

樹ら楽ステージ木彫 断面
溝の幅や向き(?)が不揃いなのがわかるでしょ。



そして、

今回の新商品
「デッキDS」

デッキDS
ノーマルの「樹ら楽ステージ」
溝が特徴の「樹ら楽ステージ 木彫」

と見比べると、より木質感が出ています。


毛羽立ちもあり、本物っぽく見えます。
(まあ、この毛羽立ちがイヤというお客様もいらっしゃいますが。)


みなさん、比較されてどう思いますか?


実物が当社にございます。
直接、ご覧になられたい方は、お電話ください。

e-garden(いーがーでん)
0942-34-8970


リック パースコンテストに応募しました。

2021年2月10日|カテゴリー「スタッフが日々考えていること
こんにちは、久留米市のお庭屋さん、e-garden(イーガーデン)の中村穂高です。

ちょっと前の話になりますが、『リック パースコンテスト』 があり、応募しました。


「リック」さんは、エクステリア、ガーデン工事の図面作成に特化したCADの会社さんです。

このエクステリア業界ではもっともシェアが大きいCADだと思います。
当然、当社もリックさん。


ここ数年応募していて、今年もパースコンテストに応募しました。


rik-contest2021
今までの戦歴はというと、

3年前  実物件部門 奨励賞
2年前    落選
去年 プレゼンボード部門 奨励賞



まあ、ボチボチです。
今までは1作品づつしか出していませんでしたが、
今年は3作品の応募。

どれかひとつは入選してくれんかなあ。


リックコンテスト
今年応募した作品をチラ見せ。


応募して思うことは、普段使わない設定を試すので、応用力がつきますね。

いろいろ試しているうちに、こういうこともできるんだ。みたいな。



日々の業務の中で、そこまで細やかにこだわることは難しいのですが、
ここぞ、というときもあるので、そのときは役に立ちます。


結果は4月発表。


先にはなりますが、楽しみです。


pagetop